家づくり思想

近くの山の木で家を作る

近くの山の木で家をつくる
山と、地域の工務店と建築主が力を合わせれば、難しいと考えていた木の家づくりも不可能ではなくなります。
家づくりも、古来は、近くの山の木で家をつくる事で循環していたのです。
今、日本の山や森は荒れ、産業構造の変化から山を守る人が少なくなってしまいました。
私たちは輸入木材よりもはるかに良質な建築用の木が近くの山にある事に着目し、
少し高価なそれら材木を合理的なシステムで理想的な健康住宅としてお届けするノウハウを蓄積して参りました。

輪掛け乾燥材~Air dry material~

輪掛け乾燥材について

f58f9cd1130c8dfa53a47d29b1692c9f

平成20年春より、一部の構造材に「輪掛け乾燥材」の使用を始めました。

「輪掛け乾燥材」とは、伐採した杉材(樹齢60年以上)を皮付きのまま山中の風通しがよく、日当たりの良い場所で、井形に組み1年間じっくりと天然乾燥させる乾燥方法をいいます。

株式会社トライ・ウッドでは、林野庁からの支援を得、平成24年度から安成工務店と共に、輪掛け乾燥材の調査・実験を行っています。今までの実験結果から、「輪掛け乾燥材」について以下のような事が明らかになりました。

①横断面の含水率分布が均等

 (乾燥に”ムラ”がありません。)

②実際の住環境における調湿機能が優れている。

 (生活における快適性が優れています。)

③香り成分(揮発成分)が優れている。

 (スギ本来の香りが残っています。)

④抗菌機能が優れている。

 (黄色ブドウ球菌に対する抗菌機能が確認されています。)

➄地球温暖化の原因の一つであるCO2排出量が抑制されている。

 仕入→生産→出荷までにかかる「輪掛け乾燥材」の1㎥当たりのCO2排出量は44kgです。
 これは、一般的な木材の1/8に相当します。
 (「輪掛け乾燥材」は環境に与える影響を”見える化”しています。)

私たちは、先人の知恵に学び、さらに改善されたこの「輪掛け乾燥」を、
木の本来の強さや色、艶、などの性質を貯えられる乾燥方法として、そして自然環境に配慮した乾燥方法として最良だと考えています。
7181bfef292c0d1777806c0d6200cf2e
abd950214abddd81e64e1dd7f70584de


現在、大分県日田市上津江の山中には、株式会社トライ・ウッドの製材工場で製材され、その後、弊社のプレカット工場に運ばれる予定の杉材が原木玉切のまま輪掛け乾燥されています。

安定した需要と国産材の「木の家」の良さを山へ伝えることで、山で働く人々の林業へ対する誇りが育っていきます。
それは、山と海を守り、地球の温暖化を防ぐ大きな運動にもつながるものです。


(株)トライ・ウッド
 
 の「輪掛け乾燥」は、商標登録されています。
 商標登録第5166408号 (特許登録出願中 特願2008-26643)