支店ダイアリー

2021年5月21日(金)

  • 総合企画室

【経営企画部】あじさい寺

西日本は早くも梅雨入りしましたね。

私は自他ともに認める雨女で、コロナ禍前の旅行でも数々の実績を残してきました。

京都旅行では降水確率10%の日にスコールに見舞われ、今までの人生でただ一度東京ディ○ニーランドに行った時は台風が直撃してパレードその他イベントが中止となり、なんとかご飯だけ食べて命からがら夢の国を後にしました。

そんな私は雨に降られる前提で外出をする癖がついています。

数年前の梅雨、「どうせ梅雨なら雨が降っても楽しめるところに行けばいいじゃないか」と考え、「あじさい寺」に行きました。

 

正式名称は「東大寺別院阿弥陀寺」。

鎌倉時代の1187年、山口県防府に俊乗房重源上人が建立した由緒正しいお寺です。

境内には80種約4,000株のあじさいが植えられており、6月になると風流な景色をつくり出します。

私が行った時は開花の終わり頃だったので少し花の色が褪せ始めていましたが、それでも時代を感じる寺社建築とあじさいの組合せは素晴らしかったです。

 

  

 

本堂までの散策ルートは「男坂」と「女坂」の2通りがあります。

ちょっといい運動をしたい方は男坂、小さいお子様が一緒の場合は女坂を登るのがおすすめです^^*

なお、この日は「曇りのち雨」の予報だったので午前中に行くつもりでしたが、朝起きてみるとひどい暴風雨で家から出ることもできませんでした。

(雨女とはいえここまでくると雨風の神様に愛されすぎているのでは?と衝撃を受けたので、強く記憶に残っています。)

お昼過ぎにようやくしとしと雨になり、時々やんだりもしたので、さほどずぶ濡れにもならずにこのような写真が撮れたのでした。

 

  

 

あじさいはあと少しでシーズンを迎えます。

今はまだ感染症の拡大状況に不安があるので観光地への外出は難しいですが、日常生活の中であじさいを見つけたら、ひっそりと愛でたいものです。

 

 

■経営企画部 鷲頭 由香

支店ダイアリー一覧

近日開催のイベント