支店ダイアリー

2020年12月10日(木)

  • 総合企画室

【総合企画室】キメハラじゃなくて、鬼滅病

タイトルでもうお分かりかと思いますが、鬼滅ファンのお話です。

 

先日、予約していた鬼滅の刃の最終巻を購入しに、仕事帰りに本屋さんへ行くと、

いつもより1.5倍くらいレジに人が…そしてみんな鬼滅の刃の最終巻を手にしているという、ちょっと不思議な光景でした。

 

 

最終巻、待ちに待っていましたが、でもこれ以上辛い思いしたくない、と読みたくない気持ちもありました。

最終巻発売日の前日の夕刊に最終巻の発売告知が、一面に、絵はなく、お館様(鬼殺隊を束ねている方)の言葉のみが掲載され、

当日の朝刊には5社の新聞に3面ずつ、主要キャラが掲載されるという演出、すごいです。

夕刊にはお館様の言葉のみ、そして夜が明ける、戦いが終わるということを意味していて、感極まるものがありました。

案の定最終巻は終始泣きながら読みました。

こんな本を描けるって本当にすごい!こんなものを描ける人がいるんだ!と漫画を読んで初めて思いました。

とても人や人の想いを大切にしていて、言葉一つ一つに重みがありながらも、面白いところは面白いのです。

 

人は一人じゃ何も生み出せない、

人にしてあげて初めてひとにしてもらえる、

その人の想いを受け継がなければならない、

みんなに繋げてもらった命だから大切に生きなければならない・・・

命の尊さを教えてくれます。

子供にしっかりと見て欲しいと思える作品です。

 

 

先日、OMXのお宅の撮影に行った際に、ここは屋根裏かな?と扉を開けた瞬間に、

「鬼!!」

 

 

と思ってしまった私はもう鬼滅病です。

鬼滅病になると、OMXの装置が鬼に見えるのです。

 

先日手毬寿司を作った際には卵のお寿司が・・・

 

  

 

善逸!!

に見えたり・・・

だいぶ重症ですね。

すでに鬼滅ロスになっていますが、映画以降の巻がアニメになって、また色々なシーンを

今度は映像で見れる時まで頑張って生きたいと思います。

子供も、鬼滅ごっこをしたり、youtubeを見て折り紙を作ったり、色々なことをして楽しんでいます。

いっとき、子供たちと一緒になって、楽しめそうですし、

こんなに子供と一緒にハマることもそんなにないと思うので、これもまたよしとします!

 

    

 

■総合企画室  遠藤 茜

 

支店ダイアリー一覧

近日開催のイベント