支店ダイアリー

【福岡】オルレ

お久しぶりです。
福岡支店の重松です。

早速ですが、オルレってご存じですか?
韓国、済州島から始まったオルレは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味で、四季の美しい風景、その土地の歴史や食などの魅力を楽しみながら歩くトレッキングコースの総称です。

九州にも20のコースが有り、九州オルレと呼ばれています。

先日、そのうちの一つで福岡県のみやま市にある「みやま・清水山コース」を歩いてきました。
みやま・清水山コースは女山史跡森公園から清水寺を経由し道の駅みやまへと向かう歴史と自然に包まれた山門をめぐるコースです。
11.5Kmを約4~5時間かけて歩きます。
44413d51218e09bba02f10c5136fe478
カンセという馬のオブジェや木製の矢印やリボンが道を教えてくれます。
カンセの頭の方向が進行方向で青の矢印が正方向、赤の矢印が逆方向を示しており、初めての方でもとても分かりやすい道案内となっています。
03fe4db6bacd125ff9abefbfd271ff8a
八楽会教団よりカンセの頭を目印にスタートです!
当日は天気もよく、最高のトレッキング日和となりました。
まずは女山史跡森公園の展望台を目指し、神宿ると言われる竹林を歩きます。
オルレには初級・中級・中級~上級とあるのですが、今回のコースは中級~上級コースで、一気に1.6キロかけて200m近くまで上ります。
勾配もきつく、ふくろはぎが鍛えられましたよ(^^)
きつかったですが日が差し込む竹林は壮大でとてもきれいでした。
d2c3721291c2e66bb6cde678eceeb2f1
その後はこのコースのメインでもある清水寺を目指します。
道中の眼鏡橋や五百羅漢もみどころ満載で、五百羅漢ではいろいろな顔のお地蔵様に出会えましたよ。
こう表情が違うお地蔵様も珍しく感じられます。
イケメンのお地蔵様や苔で髪が生えたお地蔵さんもいらっしゃいましたよ。
cbbdb7cd157016c68d509a233cf07871
長い石段を登って行くとその先に清水寺がありました。
なで仏様や三重塔が有名です。
個人的には手水舎が池に向かう形で面白かったです。
72d77ed10afb6a9a68c23ac9fff56a0f
c1cd2aaf9063d6f554750e04a85e9ccb
途中のお店でちょっと早めのお昼です。
タケノコ入りの竹の器にはいったうどん、美味しかったです!
8b9103f9bf41ffff95d481d54277e01c
その後は平坦な道を3キロほど歩いて目的地の道の駅みやまを目指します。
途中、路地や田んぼや高菜を干しているところ(みやまは高菜が有名です)などを楽しみながらのんびりトレッキングでした。
e3cf79e8097343345fc6b7ed1e3c93cd
6e1dcb55f50d7cb8913d18b7e55ca242
次回は久留米と八女のはしごオルレ予定です(^^)

□福岡支店 重松千恵
資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。