支店ダイアリー
2019年8月20日|カテゴリー「□福岡支店
みなさまはじめまして。
福岡支店城山です。
どうぞよろしくお願いします。

私の母は藍染めをしていて、普段は作品展を行ったり、洋服やランチョンマットなどの小物を作って販売をしています。
こちらは子ども用に染めてもらったTシャツ。
5b21a1fc94eccef34e4d42f4559d297c
先日のお盆休みに、私も藍染め体験をさせてもらいました!

藍染めというのは、蓼藍(タデアイ)という一年草の葉に含まれるインディゴという色素で布を染める、伝統的な技術です。
こちらは、藍の葉を乾燥させた後に半年かけて発酵させた蒅(スクモ)という材料を、もう一度発酵させて作った藍の染液。
スクモは今では作られているところが少なく、産地の徳島から送ってもらっているそうです。
この発酵させた藍液に、真っ白の生地をゆっくり浸し→絞る→布を広げて空気に触れさせて発色、の手順を何度か繰り返して、徐々にきれいな藍色に近づいていきます。 
8a2906f67ac0c88ea86dd394e6ed4090-e1566198826655
abbba0995018f1c6518718aa1fe022b3-e1566198835792
6a93d7ad2b018240288adf66a646624e-e1566198888682
ccabb6222d2c88b2c131d9a51de1e642-e1566198872223
子どもたちは、春に種を蒔いて育った藍の葉を使って、この真夏の季節にしかできないという生葉でのたたき染め。
息子(6歳)と甥っ子(8歳)の2人、世界で一枚のハンカチをつくるぞー!とはりきっています。

たたき染めは、新鮮な葉を使うので、畑から収穫するところから。
707fbb7c5371454b9a69791d36b94a88
真っ白な綿のハンカチに葉っぱを並べ、上から木づちでトントンとたたきます。
88f5ed066e94babb06f4570da22826bf-e1566198798353
869aa3f5fd7135943411d6f819ea3670-e1566198807771
一枚一枚丁寧に叩いてはがしてみると…
778f106004cf12af5cb9c9765f2e8e20-e1566198818710
きれいな葉っぱ模様!
この時点ではまだ緑色ですが、水につけてごしごし洗うとこの通り。
114c4de48844caa34b0bf7f602f48cd2-e1566198849213
きれいな水色に染まっています。
貴重な体験だったようで、子どもたちも大喜び!
夏休みのいい思い出となりました。

○福岡支店 城山陽子
2019年8月18日|カテゴリー「□宇部支店
普段仕事の関係上あまり外に出る機会が少ない私ですが、たまたま休みの日に子供のキャンプのお迎えに行くことになり、山口県は長門油谷にある、『かえるの学校』へ行きました。
19d306c88ffbd1016ee0b68b1b1d1c8f
途中見える景色は、とってもきれいなコバルトブルー色をした海や澄んだ青い空。
日頃すさんだ私の心を洗ってくれます。
3f37e5d83387f7185fed3c89c6da22c9
d026dcd27aa5c3acede7f6889ec22192
どんどん山の中を進んでいくと、ありました!『かえるの学校』。
2泊3日にキャンプを終えた長男は、真っ黒に焼けた顔でお手製の弓矢をもって出てきました。
なんだか逞しくなったようです。
9ef10efcde4922b388ea05c9a887228f
3d199725c65d405499ef4237ba2e0730
またその帰り、きれいな海を見ていると、きれいな海の向こうに橋が見えます。
そう、角島大橋です。
591136ce82032f288f2b293dc60d9841
7fb5da2ea703def5edc0ecf940b1a3d3
崖っぺりにある棚田の向こうに見えるきれいな海とその向こうの角島大橋、いつもみるアングルとは違ってまた、なんとも言えない良さがありました。
改めて、山口県の魅力に触れることのできた一日でした。

○宇部支店 大谷政登
2019年8月10日|カテゴリー「□北九州支店
皆さんご存知ですが、ここ「香りの家」には素敵な森(庭)があるおかげで、小鳥や虫達がたくさんやって来てくれます。
中でも夏は大量の蝉…大合唱です。
「ミーンミーン」と朝から鳴かれると、その声で目が覚めたりしますよね。

ですが、声はすれども姿は見えず…
どの木にとまっているのか、よーく見ないとわかりません。

そんななか、すごく久しぶりに「抜け殻」を発見!
しかも香りの家の玄関前階段部分の1段目にありました。
5ec6f1f48bfb3ccc506e67271c5dc710
こんなところでいつ脱皮したのかしら?今朝は無かったはずだけど…
今日、幼虫から成虫になって、飛び立ったのね~

蝉は長い場合7年間もの間土の中にいて、成虫になると一週間くらいしか生きられないと言われているけれど(実際には1ヶ月くらいの寿命だそうですが (^_^;))それでも、人間と比べたらとても短くはかない一生。

鳴くのはオスだけで、メスに合図を出しているそう。
「僕はココにいるよ。お嫁さんにおいで!僕と結婚しようよ。」←こんな気持ちかな?

限られた短い時間の中で、子孫を残さなければならないわけですから、うるさいッ!て思わずに、頑張って鳴いているんだなぁ~って思ってあげなくちゃいけませんね。

ところでこの抜け殻、某販売サイトで売っていましたぁ。ビックリです。
何でも売れるこのご時世とはいえ、抜け殻を集めて売るなんて…
(漢方薬になるそうです!?…)

□北九州支店 岡元真由美

2019年8月9日|カテゴリー「□総合企画室
先日、ずっと見てみたいと思っていたひまわり畑に行ってきました。
訪ねたのは山陽小野田市の「花の海」。
果物の収穫体験や農産物の販売をしている農場です。
ひまわり畑に歩いて向かう途中に色鮮やかなサンパチェンスも咲いていました。
その向こうには広大なひまわり畑が広がっています♪
2b5df1e50bbbe2eb86d49724c0e24607
e3bff9f64bfc95985d6fab1635924dc7
234c9d3190706ae64141fe97082e214a
ひまわり畑の中には人がすれ違えるくらいの幅の通路が張り巡らされ、そこを散歩していると360℃どこを見渡してもひまわりだらけという貴重な体験をすることができます。
こんなに立派なひまわり畑の中に入ってどれだけ散策を楽しんでも入場無料ということに驚きです。
初めて知ったのは、ひまわりの花の開花日数は1週間程度だということ。
観光客に開放しているようなひまわり畑では、種まきの時期をずらして長く花が楽しめるようにしているのだとか。
意外と命が短い花なのです。

この日はとにかく灼熱。
こんな時でもひまわりのように背筋をしゃんと伸ばして…とはいかないくらいの強烈な暑さだったので、これから見に行かれる方は必ず帽子か日傘を持って行かれることをお勧めします!

◆総合企画室 鷲頭由香
2019年8月3日|カテゴリー「□北九州支店
いよいよ本格的な夏の到来ですね。
暑さに疲れを感じ始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか???

さて、私たちはこのタイミングで毎年「森林体験ツアー」に一泊で行きます!
建築済みの方とこれから家づくりを始めていく方が交流を深められるこのツアーはいつも大好評です。

恒例行事にしてくださっているご家族もいらっしゃいます!
数年前の写真と比較してみるとお子様の成長が感じられますね。
71654ff77aea8af3ac06c16f9bea07b3
92b8dbb1ddf46b92fc2cf430c57cae3e
dcc5794ba937dfb4ebcdb883a65aa906-e1564738256384
おやっ? この髪型は…? K君ですね!  
 ずいぶんおっきくなりましたね!(右の僕ちゃんです) 
打ち合わせの時にはおチビさんだったお子様が、大きくなってもイベントに参加してくれるのはとても嬉しいことです。

----------------------------------------

いつも打ち合わせ中のお子様たちに癒されているスタッフ。
ついつい可愛いお子様たちの様子に目がいってしまいます。

ある地鎮祭での出来事を紹介しますね。
(その1)
宮司さんのお話を皆と一緒に聞くMちゃん
d00cdc4d9ef573152ed06a31d00ed285
参拝します!
d82abbb7165e55e83e44b076290ca7c0
お神酒も??? 空っぽのコップですよ
c0fe8668b503961ecbbb14fc30093798
おおきなリュックには何が入ってるのかな?
83199f0ece31d4d65dc9279f339a25a9
打ち合わせの時にも…(笑)
ee6d9a82db9db56e6b73497bfb19a45d
可愛いくて目が離せません
隣りでチャカチャカMちゃんの写真を撮り続けているスタッフ…
その手もとまりません(笑)
(その2)
24ef60974e940a0566d43f2f72342ad5
c8bff2c5a5462843b451a5133a6e3486
5bd3eca20b05f47d7f5c8831ee44c102
1d537db564582ee4f228641b43ab5589
こちらは仲良し兄妹
式典の後、何かを一生懸命に拾っていると思ったら?
宮司さんが土地に撒いた紙ふぶき(=切麻散米)
二人は延々拾い続けています!
そして…おっかけっこ!(よく見る光景です。ホントに仲良しですね…)

こうやって楽しんだことも家づくりの良い思い出になるのでしょうね。
新しい家に住んだ後もたくさんのイベントに参加してくださいね!

◆北九州支店 野中美由紀