古民家スタイル 薪ストーブを囲んで・・・ 柳井市 M様邸

img016
今回のお宅は、山口県柳井市にお住まいのM様邸です。
img026
(1)当社を知ったきっかけ、経緯は?

ご主人/
上の子が小学校へ上がる前に地元に戻って家を建てたいと思い、ハウジングメッセ展示場に行きました。モデルハウスに入った時、木の良い香りと、ふわーっと広がる空間が良かったです。
奥様/入口から土間が見えるでしょう?私は初めにあの広い玄関が良いなと思いました。
ご主人/営業の廣瀬さんも印象がすごく良かったです。良い点も悪い点も、例えばお金の話であっても、包み隠さず話してくれて。この方は正直に話をしてくださるんだなと信頼感が得られました。
img036
(2)家づくりの過程はいかがでしたか?

ご主人/
「こういうものが欲しい」というのを箇条書きで渡すと、設計の弘中さんはサササーっとイメージを絵にかいてくれました。「こんな感じですか?」「それそれ!」みたいな。
img046
奥様/昔から渋いものが好きで、古民家調には最初からしたいと思っていたのですが、柱に色を塗ってもらうのは最後まで迷いましたね。今は塗って良かったと思います。
ご主人/プレカットの後に塗る予定だったのですが、かなり迷っていたので、結局組んだ後になりました。すごい職人さん泣かせだったみたいです…。
奥様/柱に合わせてカーテンの色やキッチンも「こうしたい」という思いがあったのですが、本当に良いのか心配で。でもその度にインテリアコーディネーターの今宮さんは根気強く相談にのってくれました。最終的にすごくセンスよくまとまって、友人にも「いい色だね」と言われます。
ご主人/家をたてた後も定期的にメンテナンスにきたり、相談にのってくださるのが有難いですね。
img056
(3)暮らし始めていかがですか?

奥様/
「ガッシリしているな」という感じ。少々の地震にも耐えられそう!
ソファにゴロンと寝転んで吹き抜けを眺めると本当に落ち着きます。昨年の夏は和室横に坪庭も作ってみたんですよ。
お子様/わたしは自分の部屋から吹き抜けを見下ろすのが好き!友人に「住みたい」と言われる。
ご主人/冬はストーブ前がやはりいいですね。リビングでぼーっと火を見ていると時間を忘れます。また、アパートにいる時には毎年風邪ひいていましたが、引っ越してから風邪をひかなくなりました。薪ストーブとOMソーラーで部屋が暖かくて、空気が綺麗だからかな?
img066
ご主人/ストーブの薪は、今では近所の方々が声をかけて分けてくれるんですよ。便利さは灯油を買った方が上かもしれませんが、薪ストーブは地域とのつながりなど、それ以上に見えない価値があると思います。
私達が住んでいる場所はたくさん里山があるのですが、ほとんど手つかず。森林体験ツアーで森の手入れを体験して、「こうやって手を入れないといけないんだな」と環境についても気づかせてくれました。田舎は資源が豊富なんですよね。
薪を割ったり、仕事も増えましたけど(笑)毎日が楽しいです。
img076
(4)担当者よりひとこと(営業担当・廣瀬宏幸)

「ようこそ、いらっしゃいました。」いつも笑顔で迎えてくれるM様。私が新入社員のときに担当したご家族で、今でもよくしていだいいています。こういう場面でも・・・ご計画中のお客様から〝古民家風、薪ストーブ〟とご要望があればコチラへ!エスコートホームでは幾度となくお邪魔させていただいています。やはり住まい手の声が一番、お客様に響きますね。いつもありがとうございます!今後も『安成工務店の応援団』としてよろしくお願いします。
資料請求
資料請求

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。