支店ダイアリー

2018年2月16日|カテゴリー「□下関支店
皆さん、今回は下関支店の西田です。
年寄りには辛い寒さが続いています。
一斉見学会(2/10・11・12)の当日も雪と強風が直撃。
朝、目覚めると、何か窓の外が白い様子。
まさかと思い、恐る恐る窓を開けると案の定、雪国のような銀世界。
7ca2d9149e46ec48bd549c641d2228ae
自宅は門司港の通称、山中と呼ばれる(昔は門司区山中、西田で郵便が届きました。)知る人ぞ知る地域です。
その上、自宅の前の道路は殆ど日が当たらず、雪が溶けません。
雪をかき分け、たどり着いてもそこで立ち往生してしまいます。
その日も出社を半分諦めていたのですが、轍が数本あったので、その上を車でなめくじのように進みました。
騙しだまし、下山し、大通りに出ると何事も無かったように、車が行き返っています。
雪が降るといつもこのような状態です。

会場は雪の影響はなかったのですが、肌を突き刺すような冷気、ノボリも飛ばされそうな強風は厳しい!!
da6ce0b4e78dd232d143dc35e72b183a
(西永店長と交代しました)
6b34f07a9cfd249e2f536cba2eb250b3
それでも私達スタッフを熱くさせてくれたのはお客様の熱気でした。
朝早くから、次々にお客様にご来場いただき、お待ちいただく事も。
気が付けば3日間で110組のご見学をいただきました。
fb76860084a5162877f376f1710c46f9
それも、多分、高速道路は閉鎖だったにも関わらず、周南、福岡からもご来場をいただきました。
本当にありがたい事です。
この期待にお応え出来るよう、全スタッフ、全身全霊を込め「住まい」を造り上げ、お客様の笑顔をいただきます。
ありがとうございます。

●下関支店 西田亨
2018年2月15日|カテゴリー「□総合企画室
2月某日。
高速道路もストップするほどの大雪の中、ハウステンボスに行ってまいりました。
eab9511eb274ac81482308e55d4ef79b
雪の中でアミューズメントパークなんて、かわいそうに・・・
と思われるかもしれませんが、これがなかなか楽しめました!

まず、雪とハウステンボスのコラボレーションはとても綺麗でした。
普段なかなか見られないので、これはこれで、得した気分です。
24290162543569add548c53589e41d0b
befac25d6f0923cfdee11008028fff93
さらに、現在はVRに力を入れているらしく、室内で遊べるアトラクションが多い!
c4b4f39ae79e2bca68117df80092f69e
VRの音ゲー、シューティング、ホラーや、VRだからできた世界最高・最速・最長のジェットコースターなんてものまであります。
絶叫マシン大嫌いの僕は絶対に乗りませんが。
34aff7cd13408e2aaf3d0869c8022005
大雪でも、絶叫マシン嫌いでも楽しめるって凄いですよね。
ゲーム大好きインドア派という方にもおすすめします!


■総合企画室 竹田誠
2018年1月25日|カテゴリー「□北九州支店
安成の家づくりが好きな方は、イサム・ノグチの「あかり」シリーズがお好きな方も多いのではないでしょうか?
安成工務店HPで紹介させて頂いている竣工写真の中にもさりげなく写っている事がありますね。
私も、この不思議な照明は何となく好きです。
目にやさしい、和紙をとおしたぼんやりと暖かい光。
谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」をイサム・ノグチが読んだかどうだかは知りませんが、日本人の住まい方・光の捉え方・感じ方に沿った作品だなと思ったりして。
面白い形をしているけれど、煩くもなく。
そんな、和にも洋にも合うこの照明をデザインされたイサム・ノグチの回顧展とも言うべき展覧会が大分県立美術館で開催されていたので休みを利用して見に行ってみました。

「20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」
fac0f38e3861098043cebb42adaa85e6
中国滞在中に墨で描かれたデッサン(?)や彫刻の数々。
つるんとして一見何だか分からないようなものでも、それには必ず点と線、肉付けをするかしないか、などの考察の痕跡が見られます。
f239f77e6720f73c92e5425c02359d6f
舞台や公園などのデザインもされていて、それらもとても不思議な形ではありましたが…そこには「人間そのものへの追及」というものが感じられました。

数年前に社員旅行で行った札幌のモエレ沼公園の模型も、もちろんありました!
その時は「なんだこれ?オシャレすぎてよくわからん…」と思っていましたが、この展覧会を通して何となく理解できそうな気がしてきました。
(公園写真は社員カメラマン撮影引用)
51ebc8775990f67aaea63a6bbac379b0
b511ab955963f88eb4e6fd3df9440c31
c39f9e40612be6f23c4fcfef3c3d4912
美術館に行ったからと言って急に詳しくなる訳でもないのですが、それらを踏まえ、改めてこの照明のデザインをじっくり見てみると、この動きだしそうな形や細い足は彫刻家だからこそなのかな?と感じられました。
ba0d1606e95b5b7c07a6c3788301f960
f7463c01349235d424b55349066bbe37
d3bb911b8bb9dd8ece49ad0c29c41380
この照明のデザインは、単に「提灯からの着想」ではない事が改めて感じられる展覧会でした。
思い切って行ってみて良かったです。
北九州支店の見学会でも「あかり」シリーズはさりげなく置いてある事があります。
使われている事があったらもっとじっくり見てみようと思います。

おわりに…
建築が好きな方へのサービスショットも撮ってきましたよ!
大分県立美術館の設計は、建築家の坂 茂(ばん・しげる)さん♪

天井をめっちゃ眺めている人、写真撮りまくっているひと、沢山でした!
私も真似して撮影してみました!
とてもきれいでした!
まだ見られたことのない方、ぜひ訪れてみて下さい。
13f3695e21a48019b78548d938760f76
6baf75fb71a887400a81a6759ff42e28
あと、個人的には衝撃的だったので…トイレもオマケで…。
69209e87cdd361134fa8c4cb86aa18dc
フリーの展示スペース。こんなところにトイレが…?
a9c38b4643de07e01cceb18a38dc0ae4
どんな感じかな?
06bc9b6d60eb6b99172ef6814b5c1197
当然のようにさっそく便器が。なかなか衝撃的でした。
□北九州支店 小林祐子
2017年12月27日|カテゴリー「□福岡支店
今年も残りわずか。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
ヴォーグ展示場は、オープンして2年目。
沢山のお客様に足を運んで頂き、「素敵」「格好いい」「やっぱりここが好き」など嬉しい言葉をたくさんいただきました。
1年を通して季節や天気によって様々な表情・風景に出逢いました。

ある日の朝、開店準備をするとき、カーテンや障子に庭の植栽が影を落としていたり、
10487d2781618f0e1ebb69568ed7ec46
ce8aa9161b30d84b8f2f9c21d76753ff

またある日の昼間、駐車場の車に光が反射して、壁に照明器具の影が映ることもあります。
0653ac02703da0a6e52ee3a48784a098
a161928b59f7a6ed3cf5e169d257dcb9

どっしりと重厚感のある外観は、朝陽に照らされるも良し、夕焼け空を背景にしても良し、いつ見ても素敵です。
66e3adc16bc933ea3038cbd2c3054cb3
c18ca2bf20fef7e3031f1de7b6bf74a8

こどもたちがパパの書斎でお絵描きする風景も、可愛いいですね。
f0566b9930c3a8eec6e1eb0b1d27b6b4
559bb54e8ae87cfa7139996319af3392
b1b02801b39e1b456e18908fb361e9c9

庭に咲く花を、家の中にも飾るのも楽しみの1つです。
054fe898c1290a357bfec82b42191ada
d206d029402d87b921e3acfce264eaa6
527e678ff1afc1dfbd8ca182ae350a59

ヴォーグ展示場は、斬新なデザインで「非日常」を想像する方も多いですが、長い時間過ごせば、やがては慣れて「日常」になっていきます。
日々、美意識や感性を高める空間として家づくりをするのも、素敵なことではないでしょうか。

改めて、「日常の暮らし」を体感する空間として、見て頂けたら嬉しいです。
また来年、展示場イベントや完成見学会等、たくさん計画しております。
お気軽に、お立寄りください。

◆福岡支店 山田夏子
2017年12月4日|カテゴリー「□山口支店
段々と寒さが身に染みてくる季節になってきました。
現場作業の方々も、少しずつ動きが鈍くなることも考え、 安全、現場美化強化の為、福岡支店・礒部氏と各支店の現場巡回をしてきました。

巡回の中に、「これは!!」という物件もありましたが、 そこは甘えを出さず、ビシビシと指示、指摘をしてきました。
また、こっちの方が綺麗に見えないか?など、色々と検討もでき、 次につながる巡回だったと思います。
02209015dc11d277d819d8e1a9e187d8
どうしても、事故が無ければ当たり前になり、現場数が増えれば、 疎かな部分、見落とし箇所も目立ちはじめ、ちょっとした事が、 大きな事故に繋がることもあります。
しかし、そこは気を抜かず、常に緊張感をもって取り組んでいきます。

お客様の大切な家づくり。
今後も、事故・災害の無い、綺麗な現場づくりを目指して頑張ります!!
aada8dd9d06f6167c7bd6dbaf1d307fe
f3851d2ea7e23d18c70332de677c5b45
91529dd937db6aa88c105cfeda78026d
●山口支店 中野忠