支店ダイアリー

2017年10月9日|カテゴリー「□宇部支店
手軽に温泉を楽しめる立ち寄り湯。
どこかに出掛けた際は、帰りに温泉に立ち寄るのが私の楽しみのひとつです♪
 弊社の建築事業部でリニューアルをしたこともあり、ずっと気になっていた「楊貴館」のお風呂。
先日、やっと行くことができました♪
楊貴館は山口県長門市の油谷湾に臨む宿で、日本海を眺めながら入れる露天風呂があります。
7e1369cdfedf250c8969151a6daeeeae
泉質はとてもぬるぬるしていて、お肌がしっとりしました。
(アルカリ性単純温泉、ph値9.60だそうです)

明るい時間に入る温泉はどうしてあんなに気持ちいいのでしょうか・・・(*´∀`*)
日頃の疲れをしっかり癒してくれますね。

 近くには、“日本の最も美しい場所31選”に選ばれた元乃隅稲荷神社や角島があります♪
b1d05a2140c5226f05f7fa3cddea12a4
d3ce534ba6abc98a6dad78de6446112f
又、毎月26日は“フロの日”で入浴料が半額になるようなので、ぜひドライブがてら行かれてみてはいかがでしょう(ू•ᴗ•ू) 

楊貴館
http://www.hotelyokikan.jp/hotspring/ (写真は全てHPより)

●宇部支店 中野香織
2017年10月3日|カテゴリー「□周南支店
9月30日、10月1日はOBのお施主様宅を訪問させていただきました。
両日とてもいいお天気で、ドライブ日和。

今回は訪問先が少し変わり、久しぶりに訪問させていただくお家もあり、お家の変化やお子様の成長に驚かされました!!
また、幼稚園のお友達で安成のお家に住んでいる方がとても多いところがあり、つながっているな~っとご縁を感じました。
お子様の成長もうかがえたり、お手入れの様子を見せていただいたり、お庭の変化も楽しみの一つとなっています。

あるお家では、お庭の木々をくぐらせていただき玄関に向かうのですが、木々の木漏れ日、苔の様子、植栽や下草が素敵に成長していて、いつも癒されています。
d1964406afae61ff8b716dea4c444a64
025daf3b5ac3e6653a77ed5cb60144b6
急な訪問にもかかわらず、お家をみせていただいたり、お話しいただきありがとうございました。
来年も伺った際にはよろしくお願いします。

□周南支店 今宮由貴子
2017年9月28日|カテゴリー「□山口支店
萩と言いますと、吉田松陰や高杉晋作、山県有朋に乃木希典などなど、歴史にそれほど詳しくない私でも何人かの偉人の名前は思いつくほど、歴史ある街です。
そんな萩の城下町にある『菊屋家住宅』を見学してきました。

出身は鹿児島ですが、地元を離れて単身、山口県に本社を置く安成工務店に務めて早11年。
薩長同盟と言いますが、鹿児島と山口の『架け橋』として日々尽力している私の様子を見に、地元から遊びに来た母と妹を萩の城下町へ連れていったことが事の発端となります。
9baeaeb2187c80d933b33c34b8e67c7e
母と妹は萩焼きの物色に夢中でしたが、木造住宅の設計に従事する私としては、どうしても興味を惹かれるのは萩に残る古い町並みや古い住宅。
さほど興味のなさそうな二人を強引に付き合わせ菊屋家住宅の門をくぐったのでした。

毛利のお殿様の御用商人であった菊屋家には400年の歴史があり、中に展示してある当時の道具や美術品などが丁寧に展示をしてありましたが、 目の行き場は『船底天井』に『左官の壁』『障子』『鴨居や敷居』『畳の縁』『床の間に書院』『土間』
be77613e6981070d91564f2c85f7567c-e1506420429280
39af1bb4bb5e56ad47fe1af552ad2b1c
06275ec1e91daabacfc1d47517cba987
e94a95f20ec48536c8a22ae160f06206
特に目を奪われたのは、この空間。 とても気持ちのいい縁側です。
中と外をやさしく繋げてくれる『縁側』は日本人の誰もが落ち着ける場所だと思います。
手が届きそうな軒の高さも心地よく、濡れ縁に座ってぼーっといつまでもお庭を眺めていたくなるような居心地の良さです。
古い家にはそういった『日本人が気持ちいいと感じる空間・バランス』のヒントがいたるところにあるように思います。

『日本の住宅の寿命は30年』などと言われていましたが、 本物の素材でしっかり造り、丁寧に手入れをして上手に暮らせば、 この菊屋家のように永く愛される家となります。
住宅の設計士は、いい家を次の世代へ残していく『架け橋』でありたいと思います。

■山口支店 池澤雅彦
2017年9月15日|カテゴリー「□北九州支店
今年のお盆休みは、6日間いただき、そのうちのほとんどを実家のある熊本県ですごさせて頂きました。
私の地元は山都町(やまとちょう)という自然豊かな町です。
帰省中は暇だったので、小学校ぶりぐらいに、地元山都町を観光することにしました。

山都町は、宮崎県の高千穂町の隣にある町です。
県外の方は山都町を知らない方がほとんどだと思いますが、実は穴場の観光名所がたくさんあります。
まず、山都町一番の観光名所でもある通潤橋(つうじゅんきょう)です。
de21f9a5e8796b2df4170dad1cb9abea1
【通潤橋の放水 (山都町観光ナビより)】
ff6c508469c75f8bd5e6336e525675201
【復旧工事中の通潤橋】
水不足に悩んでいた村に水を送るために1854年にできた石橋で、名物は放水ですが、現在は残念ながら熊本地震の影響による復旧工事等でもうしばらくの間は見ることができません。
しかし通水管が少し被害を受けた程度で橋自体は崩れることもなく、今も立派な姿を見ることができます。

通潤橋を見に来た際は近くに道の駅がございますのでそこに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
地元の名産品がたくさんそろっております。
be1dc18a192c4edb4856ec0cac7b29251
【道の駅「通潤橋」(山都町観光ナビより)】
おすすめは、山都町名産のお茶「矢部茶」でできた矢部茶ソフトです。
ぜひ休憩がてらに食べてみてください。
道の駅の駐車場には木や植物などの自然のもので造った大造り物がいくつか展示してあります。
9月の第1土曜、日曜に毎年行われている八朔祭というお祭りのメインイベントでもある大造り物引き回しの作品は、その他にも山都町のさまざまな場所に展示してあり迫力抜群です。
e9b0d82feb973845db3838f807187a691
【大造り物(山都町観光ナビより)】
a45e1a60ad78d8a77417b6c288c0b275
こちらは写真で見るよりも、実際に見たほうが迫力があると思いますので、こちらはぜひ見てもらいたいスポットです。

その他にも、通潤橋の近くにある五老ヶ滝(ごろうがたき)、鮎の瀬大橋(あゆのせおおはし)など自然の美しさが味わえる観光スポットがたくさんあります。
7c9a6c72fec9cc6045305f3e65e81612
【五老ヶ滝】
8850d514280359128004030ce53b6b29
【鮎の瀬大橋】

(一言アドバイス)
山都町を旅行のメインにするのは少し物足りないと思います。(笑)
熊本のその他の観光地や宮崎の高千穂などに行った帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

○北九州支店 赤澤晃
2017年9月8日|カテゴリー「□周南支店
9月に入り、朝晩過ごしやすい季節になりました。
秋を感じに秋吉台までドライブに出かけました。
空気がひんやりと爽やかで窓を開けての走行です。
14
36
45
53
弁天池の水は「1杯飲めば1年、2杯飲めば2年長生き」と昔からその土地の方々が飲んでいたそうですが、名水百選に選ばれてから各地からの観光客も増えているそうです。
61
弁天池の側の田んぼです。
そろそろ収穫の時期ですね。
新米に秋刀魚…秋の味覚を想像してしまいます。
体重増加に要注意!!
7
わが家は電気自動車に乗っています。
充電と休憩を兼ねてパーキングで一休み。
お土産にぶどうを購入し、たっぷりと秋を満喫した1日でした。
8
小野茶入りのソフトクリーム♪

■周南支店 小川喜代栄