支店ダイアリー

この3月末で結婚して丸2年。
知り合ってから…大学・大学院時代まで含めると、なんと丸11年!
そんな長い付き合いではありますが、基本的に夫については満足しています。
しかし…ただ1つだけ、悩みの種が。
それは…夫がかなりの「偏食」であること。

・味に違和感を感じると、お腹が空いていてもその皿に一切手を付けない。
・おかずの全体に対する緑(野菜、ハーブ)の占める割合が多いと、あからさまに嫌な顔をする。
・初めての食材、変わったネーミング(○○リーフ、等)は口にしない。
・決まった調味料(醤油、味噌、ドレッシング…etc)しか使わないので味付けがうるさい。しかも濃いめ。
・ジャンクフードが大好き。イチゴ味、コーラ味大好き。
・体に悪そうなものを食べているのに、そして大食いなのに痩せている。(←これは私の妬みです)
…いまだに「あ、これ嫌いなんだ」「えっ、こんなの好きなの?」と驚かされています。
 
生活の基礎として挙げられる『衣食住』の1つである『食』。
夫は木造の構造設計(某設計事務所)・私は住宅(安成工務店)…仕事柄「住」に携わる者としては「衣」「食」も拘りたいところ。
でも仕事の兼ね合いで、夫は日付が変わる真夜中に帰宅してご飯を食べることもしばしば。
それなのに偏食!!
…私は「栄養バランスのとれた美味しい食事を作らなくては!」と妙な使命感を燃やすようになりました。
 
前置きが長くなりましたが…
そんな中、ハーブ専門店falmuの店主・鈴木先生の「ハーブ」の活用術に出逢いました。
きっかけは、福岡支店で開催されている「おひさま学校」のイベントです。
 
イベント自体は「ドリンク&ローション」作りとハーブについての座学だったのですが、今まで、使うのは難しいと思っていたハーブ…でも本当は日々の生活に手軽に取り入れられるものだと知りました。
その後、私は個人的に鈴木先生のお店・falmuにて開催されているハーブの料理教室に通うようになったのでした。
(しかも料理教室は好きな日時を選んでいい、というところも魅力・通いやすかったので即決でした!現在も通っています。)
 
ハーブは香りづけ、お茶で飲むくらい?…と思われる方もいらっしゃると思いますが…
ハーブは「縁の下の力持ち」。
お料理に使うことで、素材の特性を活かしたり、欠点をカバーしたり…時にはハーブ特有の効能(酸化防止、新陳代謝の促進…etc)を付加させる役目もあります。
あくまでお料理では食材のサポートがメイン。
万能な社長秘書という感じです。
 
色々料理を習った中でも、1番感動した「下処理にハーブを使う」ということ。

2017030316023320146.jpg

分かりづらいこちらの写真は、鶏モモ肉にペーパーを乗せ、その上からハーブティーを入れて浸している様子です。
 
この下処理は肉・魚全てに使えるのですが…
料理前の肉や魚をハーブティーにしばらく浸すだけ。
臭みがなくなり、手のベタつきもほとんど無いのです!!
 
習った後の家での実践での初回は、安価な特売の鶏モモ肉(親子丼)で試したのですが、「ふっくらしていて、とっても美味しい!どこで買ったの?どこ産?」と夫に大好評♪
下処理に使ったハーブも気づいていないようでした。
 
あとは、ムニエルやフライ用の衣(ハーブ入り)も万能で、あまり揚げ物はしないのですが、料理教室で習ったこの「衣」を使って少ない油で揚げ焼することにハマっています。

2017030316030219872.jpg2017030316032219960.jpg

トマトも衣をつけた面だけ焼くだけで甘みも増し、トマト嫌いな私でも食べることが出来ます。
横の盛り付けに乗っている鶏ささ身も、少量のハーブで煮て作っています。
※ちなみに「ハーブパン粉」は…やはり表面にハーブが出てくるので、夫にバレてしまいました。
 (もちろん食べてくれませんでした…泣)
 
この衣を使った料理で我が家の暫定1位は、「酢豚」。

2017030316035319713.jpg

実はこの餡ですが、和風ソースを料理教室で教えて頂き(もちろんハーブ入り)、それにケチャップや片栗粉等を混ぜてアレンジしたものです。
今では夫から「酢豚食べたいな~」と言われるほど夫の中でも上位のようです。
(あくまでハーブを使っているのは極秘です)
 
それともう1つ!
「ブーケガルニ(ハーブ数種をひとまとめにしたもの)」のスープ。
日本でいう「出汁」のようなものです。
これに野菜を加えた効能たっぷりのスープをまとめて作っておくことで、出汁要らず!!
普段のカレーや肉じゃが、スープもコク・深みに違いが出ます。
※ちなみに我が家のカレーは、野菜はすべてブレンダーで潰して濾し、肉と玉ねぎの一部のみ形を残しています。
濾した野菜は、スープやコロッケに使います。
コロッケから少し見えている赤い部分は…ニンジンかと思われます(笑)

2017030316044315928.jpg2017030316045723946.jpg

ブーケガルニを使って、卵焼も。
野菜ハーブ出汁(+カツオ出し)入りです。
ちょっと歪ですが、巻き寿司にすると華やかに見える&野菜も採れるので、巻き寿司もよく作ります。

2017030316052619872.jpg2017030316054220146.jpg

視覚(料理の色み、食器を合わせる愉しみ)・聴覚(焼く音、噛む音、包丁で切る音)・嗅覚(素材の香り、料理中の香り)・触覚(こねたり丸めたりの手触り、口にした時の舌触り)・そして味覚…五感で楽しむ料理。
そして、計算と想像…頭を使うことで、料理は無限大!!
得意かどうかはさておき、私は作ることはもちろんですが、食べることも洗い物も含め「料理」が好きです。
 
毎日のことが嫌になるのも楽しくなるのも自分の気持ち次第!
それだったら、絶対「楽しい」方がいい。
合理的・健康的に楽しみながら、日々の料理を開拓中です♪
 
↓ ↓ ↓
是非、「ハーブ」にご興味がある方はお店にも行かれてみてください!
ハーブの販売は勿論、ランチもありますよ♪
 
【ハーブの専門店 ハーブ&ケア falmu(ファルム)】
●店主:鈴木菜穂子さん(falmuオイルテラピースクール主宰)
 
10:30~19:00 (カフェタイム12:30~19:00)
定休日日曜日・祭日
〒811-3115福岡県古賀市久保1139-3
【TEL】092-942-1077
【HP】http://falmu.com/
 
 
◇福岡支店 山部彩

資料請求
資料請求

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。