家づくり思想
OMソーラー
私たちが提案するOMソーラーは、太陽の熱を屋根で集熱し、暖かい空気を床下に送り、床暖房、給湯、換気などに利用する、オールシーズン利用できる、多機能パッシブソーラーです。
ここ数年で多彩な方法で暖を取る床暖房が増えましたが、OMソーラーは自然の力を活かして、夏は涼しく、冬は暖かく、健康で快適な暮らしを実現します。

“熱と空気をデザインする”という発想から生まれたOMソーラーですが、誕生から30年余りが経ち、時代や環境の変化にあわせて進化を続けています。

それらのなかから、3つの商品をご紹介します。

(1)OMソーラー(床暖房・給湯・換気)

床暖房の機能も備えたOMソーラーの図
OMソーラー製品ラインナップの中で、もっともベーシックな太陽熱利用機器です。

家庭で消費するエネルギーのうち、約半分が暖房と給湯によるものです。
暖房や給湯で必要とする温度は20℃~40℃で、この程度の温度であれば、電気やガスを使わなくても太陽の熱で賄えないか、と考えたのがOMソーラーです。

OMソーラーの仕組み~冬

冬は、屋根に降り注ぐ太陽の熱で空気を温め、それを床下に送り、基礎コンクリートに熱を蓄えます。
蓄えた熱は、夕方以降ゆっくりと放熱して建物全体を床から温め、床暖房の効果を得ます。
また、OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込んでいます。
床暖房しながら換気ができるという点も、冬の働きの大きな特徴です。

居室だけでなく、廊下や脱衣所など部屋間の温度差が少ない居心地のよい室内環境をつくります。
OMソーラーで床暖房をした図


太陽熱を利用して床暖房を行う図

太陽があたり屋根面が熱くなると、新鮮な外気が軒先から屋根の通気層に入ってきます。この空気は太陽の熱で温められながら、秒速数cm~10数cm程度のゆっくりとした速度で昇っていき、ガラス付き集熱面でさらに温度を上げ、棟ダクトに集められます。

地域や季節の条件によってちがいますが、冬の快晴の日であれば、集熱温度は約60℃ほどにもなります。

床暖房
棟ダクトに集めた熱い空気は、ハンドリングボックスを通って床下に送られます。
(自立運転型ハンドリングボックスは、ファンの動力に太陽光発電を利用します。)
216d6ec4ebce55b4f169b5898cc94deb
立ち下りダクトを通して送られてきた熱い空気は、床下の空気層をゆっくりと流れ、蓄熱コンクリートを温めながら(コンクリートに熱を奪われながら)、少し冷めた暖気となって室内に流れ、床暖房の機能を果たします。

このように、床暖房と換気を同時に行えるという点もOMソーラーの特長です。
1d93487591d24c7d00648f5efd78c0d2
太陽が沈んだ後、外気温の低下とともに、床下のコンクリートからゆっくり放熱が始まります。日中に貯めておいた太陽の熱を夜明けまで使おうというしくみです。

これにより、昼と夜の室内温度差をやわらげることができます。

OMソーラーの仕組み~夏

夏のOMソーラーは、屋根の熱を床暖房ではなくお湯採りに利用し、余った熱を屋外へ排出します。
お湯の温度は、約50℃のお湯をおよそ300Lの貯湯槽に貯めることができ、浴槽にお湯を張ったり、シャワーに使えます。
b75c973d906826bac467016b3b3f1867
8273628b5de038518722dbf40bfbe03a
春から秋にかけて、太陽の熱を利用して「お湯採り」ができます。

「お湯採り」とは、熱い空気がハンドリングボックス内のお湯採りコイルの中を循環する不凍液を温め、温まった不凍液を貯湯槽へ循環させて水を温めるしくみです。
お湯採りに使って余った熱は、排気ダクトを通り、排気口から外へ出します。
屋根面の下を強制排気すると、排熱された量に比例して、室内に入りこむ日射熱を減らすことができます。

お湯採りは、地域によって差がありますが、春から秋にかけて30~50℃のお湯が1日約300リットルとれます。
お風呂やシャワーに太陽の熱が使えて経済的です。









(2)OMクワトロソーラー(床暖房・給湯・換気・発電)

be5a3afc0eabc143a94dd1a2f04604fb
ベーシックな太陽熱利用のOMソーラーに、太陽光発電を加え、それぞれの特性を生かしながら両方をフルに活用するハイブリッドソーラーシステムです。

一般的な太陽光発電では発電時に発生する熱を空中に捨てていますが、OMクワトロソーラーは専用の太陽光発電パネルで、発電時に発生する熱も暖房や給湯に利用しています。

OMクワトロソーラーの仕組み

a77ddd8ccd3d34f200a2d122ac43c8ba
屋根への太陽熱を利用して、発電をしながら、空気を温めます。
温まった空気を床下へ送り、蓄熱コンクリートに蓄熱しながら家全体を床から穏やかに床暖房します。

外気を暖房に利用するため、常に暖かい新鮮な空気で換気します。

夜間から明け方にかけては、蓄熱コンクリートからゆっくり放熱。
居室だけでなく、廊下や脱衣所など部屋間の温度差が少ない居心地のよい室内環境をつくります。

OMクワトロソーラーは、床暖房と給湯で年間エネルギー量を削減し、発電機能でゼロエネルギーの暮らしも実現可能です。
68debeeccd25e796a78b63627a9fbd30





(3)OMX(床暖房・冷房・給湯・換気+発電)

ab092f128f6b75c05ede3dddc5d50c1f

a9e2af253079e7dce366ef753aa45bf1
従来のOMソーラーに、冷房機能をプラスし、床暖房・冷房・給湯・換気+・発電を、1台ですべてを可能にする商品です。(発電はオプションとなります)

もちろん、単純に機能を追加しただけではありません。

OMXの「温度リズム機能」を使えば、気温やライフスタイルを考慮して、自動的に、緩やかに、最適に、省エネに、室内温度を変化させてくれます。
さらに、冷房時は ヒートポンプの廃熱を給湯に利用。高い省エネ効果を得ることができます。

また、換気には全熱交換換気システムを採用。室内の汚れた空気のみ捨てて、室内の暖かさや涼しさは回収し、室温を保つことができます。

OMXの仕組み

4506cbd9ade82e9ec7eeabed52f20854
晴天時には屋根で集めた太陽の熱を室内に取り込んで暖房します。給湯はヒートポンプを利用します。
c09c947cea853fb8b02df572b59541e8
夜間や雨の日など太陽熱が利用できないときに、ヒートポンプで作った熱を利用して暖房します。暖房時には熱交換を行いながら新鮮な 外気を取り込みます。
dacb432d03c634403b9e5523b6651415
夏はヒートポンプを利用して冷房しながら、室外機から発生する熱を利用して給湯します。室内の空気は熱交換したうえで屋根から排気します。
f6d051ebe39b00561e2230ae6572e87a
室内が快適に保たれているとき、あるいは夜間、徐々に室温を低下させるときはこの運転モードに切り替わります。












(4)熱の基礎知識~OMソーラームービー~

家づくりをする上で知っておきたい、住宅の温熱環境に関わる体感の基礎知識を説明した動画です。ちいさな子供さんでも興味を持てるように擬人化したアニメーションとなっています。

(5)メーカーWEBサイトはこちら

3ab044dcaca45a8d998ad13c04656c5b





資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。