支店ダイアリー

2018年12月20日|カテゴリー「□総合企画室
1年が過ぎるのは本当にあっという間ですね。
もう、新しい年がこようとしています。
そこで今回は、やすらぎ通信1月号に掲載されます「ことり農園」さんでしめ縄作りのワークショップが開催されましたので、そちらに参加してきました!
ことり農園さんの作られているお野菜の大ファンの私としては、ついでに何かお野菜も買いたいな~と思いながら行ってきました。
ダイアリー用に写真もたくさん撮らなくちゃ!
と思っていましたが、作業に必死になるあまり、撮影の余裕はなくなりました 笑
お花ってバランスがすごく重要だな~と改めて感じました。

20f1189ab8594b2cbc32c9ae13238a6e

残ったサンキライを家に持って帰ると、2歳の息子がすぐさま見つけて、のぶくんもするーと言って花瓶にいけていました。 
以前もミモザのリース作りのワークショップに参加させて頂いたのですが、その際も、残って持って帰ったミモザをいけていました。
将来は華道家・・・?

無事しめ縄が完成した後は旬のお野菜で作られたシチューを頂き、心も体もほっこりしました。
日々忙しく何をする余裕もないのですが、自然のものに触れて季節のものを体に取り込んで、ゆっくりとした時間を過ごすことはすごく大事ですね。
皆様も忙しい師走を乗り切って、お正月休みにふっと一息つけるといいですね。

01cb053b9d3d9f5bcb86ff01bc94dd74
●総合企画室 遠藤茜
2018年12月19日|カテゴリー「□福岡支店
以前から書かせて頂いてます我が家の長男、6年生になり最後の大会に出場してきました。
今回は福岡県内の各リーグの優勝チームのみ参加できるチャンピオン大会。
試合は1回戦で負けてしまいましたが良い試合でした。
息子は今年キャプテンを任され、大丈夫かなと1年前は心配しましたが良くチームをまとめてくれたと思います。
最後の試合は息子の成長を感じることが出来、とても嬉しく感じました。
1年生からソフトボールを始め6年間良く頑張ってくれました。
私も息子が4年生の時からヘッドコーチを任され、私自身も成長できた6年間だったと思います。
中学生になっても野球を続けるとの事なので、まだまだ夢の続きは続きそうです(^O^)。
84749acbd04038cc5416b3c4d9567f85
e44bb3bdb79e62ebf2e7682516c0cc94
c5cc6b564ba0ae1796b6579b7b05de44
69fe4b601a0570fc17a17ccc2ab56154
142b62e6cca0f62daefb5b7fd59a0731
aa801d22d7f746f82175b67175f86fe9
○福岡支店 礒部隆昭
2018年12月14日|カテゴリー「□下関支店
来年、小学生に上がる長女のここ最近の流行は折り紙!!
帰宅するや本をもってきて鶴や亀などを折らされます。
単色の折り紙も飽きてしまうので、変わった折り紙はないかと調べると、千代紙にたどり着きました。
古風な模様の色紙なのですが、調べてみると、建築にも通じている部分があるのと、私がとても気に入ったので、今回、紹介致します。

千代紙は簡単に言うと、柄のはいった装飾紙。
その柄にも多く種類があり、弊社、新築で見かける障子組子のデザインも千代紙に代表される柄が使われております。
千代紙の発祥には諸説あるようですが、1700年前の京都で贈り物の包装紙として、宮廷でのみ使われていたもので、木版印刷の普及と相まって一般に広がっていったようです。
千代紙とくくられて呼ばれますが、種類はとても多く、それぞれ文様があります。
~幾何学文様~
e00049f25087d2705b3bf9b65d8300ab
~植物文様~
bfa9de1e029534133f51c323a2ff8b0b
~器物文様~
9243776b1e1774367cc6c0460080d160
幾何学文様にある麻の葉は障子組子で見かけられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
組子、千代紙文様どちらが源流のデザインかつきとめられませんでしたが、障子、畳縁、襖紙など幾何学文様と重なるデザインをもつものは多く存在します。
それだけ身近なものだったことが推測されます。
文様ばかりの紹介をしておりますが、私は千代紙の色使いと色の組み合わせに一番心を惹かれました。
色鮮やかでありながら、とても風情のある色使いに魅了されます。
1700年前に描かれたものがこんなにも美しく、現代に引き継がれていることがとても素晴らしく思えて仕方ありません。

良いデザインは流行などに左右されず、後世に引き継がれていく。
千代紙もいい例なのだと思います。

これからは古くから伝わるものに触れる機会を設けて、自身の感覚の引き出しを増やして行こうと思います。

(参考文献:角川文庫 千代紙 小林一夫著)

□下関支店 遠藤慶吏
2018年12月14日|カテゴリー「□宇部支店
はじめまして。
11月16日に入社しました、阿武と申します。

よく間違われるのですが、あぶさんではありません。
a94cb86325bb017bf44f46822716dbf3
 (画像は公式HPより引用)
“あんの”です。
どうぞよろしくおねがいします。

生まれも育ちも山口県萩市。
あやしい関西訛りが入る、えーかげんなA型です。
実は、超が付く人見知りで引っ込み思案。
休日は、ドライブしながら一人カラオケ、古着屋・園芸店巡り、自家製の燻製作り、ゲームなんかをしています。
たま~に気が向いたときはお菓子作りやレザークラフトも。(ほんとにたまにですが。)

とにかく猫が大好きで、猫や猫グッズを見つけるとたいがい見境がなくなってしまいます。
我が家に猫専用の部屋を作るほどの猫バカで、うちには5ニャン女の子がいてます(笑)
1771130d7849dd54ab60861a5bc10f1d
前職は、某照明メーカーの営業アシスタントで照明の提案等をしていたのですが、建築関係はさっぱり…。
分からないことだらけで時折知恵熱を出しながら、宇部展示場アドバイザーとして日々研鑽を積んでおります。

さて、宇部・山陽小野田方面のお客様待望の宇部展示場、OPENまで2か月を切りましたね!

足場の陰からチラっと覗くあの屋根…ご覧になりましたか?

従来の安成スタイルとは少しテイストを変えた片流れ屋根に、驚かれたかたも多いのではないでしょうか。
8c6edc60fd7d0ef2e15d4dc94f153c22
 この屋根の感じ…タダものじゃないな!(画像は公式HPより引用)
ハウジングプラザの近くを通りがかられたお客様からも、
すんごい屋根だねー!遠くから見てもかなりインパクトあるよ。」
「あのドーン!とした屋根から、どんな安成の家ができるの??」とのお声をいただいており、色んな方々から注目・期待されているのだなと大変嬉しく思っております。

今はまだ屋根しか見えませんが、年内には足場が取れ、外観全体を見ることができそうですので、ぜひお楽しみに♪
内部の勾配天井もバァーン!と伸び、圧 巻 ! !ですよ!
f76e8f0e0296b1d300315b31863ac7dd
あまりの迫力に、思わずシェー!?
まだまだご紹介したいところはたくさんあるのですが、今回はここまで…。
今後も少しずつ情報を公開していきますので、乞うご期待です!

2月末、展示場でお会いできることを心待ちにしております。

◇宇部支店 阿武由佳
2018年12月6日|カテゴリー「□福岡支店
初めまして!
4月に入社いたしました福岡支店テクニカルスタッフ小田響と申します。

平成7年生まれの23歳です。
出身は熊本県熊本市で大学に上がるときに福岡に越してきました。

学生時代は新体操とバトントワリングをしており、だいぶ体はかたくなりましたが人よりはまだ柔らかいほうだと思います(笑)

さすがに新体操とバトントワリングは趣味でできるものではないので、なかなかこれといった趣味がありません。

最近は支店内でダイエット企画が開催されており私も参加させていただいています。
大好きなビールを辞め、週1ランニング、週1ウオーキングをし、ダイエットに燃えている毎日です!
脂肪も一緒に燃えてくれればいいのですが…

ダイエットの写真が全くなかったので、先日今年入社の同期たちと行った大分研修の写真で締めたいと思います。
これからたくさんのことを皆で学んでいきながら切磋琢磨して成長していきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
90f01b7d2ca40600ac5f92fa3b8be4b5
□福岡支店 小田響