支店ダイアリー

地域

2018年11月15日|カテゴリー「□下関支店
「フルマラソンに出ませんか?」

突然の若いスタッフからのお誘い。
いつだったかな?まだちょっと肌寒い季節だったような…
断る理由が無い時は決まって「はい」の私。
身長164㎝に対し、69㎏まで肥大化した私の、無謀な挑戦の始まりでした。

ベストは63㎏くらいの私。
69㎏では靴下を履くのにも一苦労。
子供とお風呂に入れば「お父さん、お腹に浮輪がついちょる(笑)」と言われる始末。
「いかん、このままでは!走らなければ!」と、思いながら6月には社内旅行で食べ歩きまくる私(汗)。
更に体重は増えて…。
海峡マラソンは11/4(日)。
9b30c60bbce96467e8d7c6cd06554ec5
後5カ月を切っても、一向に走らない私。
フルマラソンのチームメートは10人。
探ると皆、少しずつ走っているようで。
たまの合同練習は忙しいを理由に欠席続き。
それでも焦ってはきて、大失恋をしたかのように6月~7月で一気に62㎏まで体重を落としてみせた(お昼の弁当4分の1化等)。
後は走り筋力・体力をつけていくだけ。
そう、それだけ。
けれど夏は暑かった。
簡単に私の心をへし折った。ダメな私。

10月に入り、ようやく1㎞を走る。
10分掛かった。
遅すぎる。
倍倍計画だ!
次は2㎞、そして4㎞、更に8㎞。
あれ?いつの間にか何とか1㎞6分ジャストで走れてる。
さすが中学時代、ソフトテニス部でたくさんしごかれただけはある。
6分で走るペースを体が覚える。
しかしこれが本番での悪夢に…。

早いランナーの方は遅すぎるペース。
でも私は怠け者39歳のおじさんランナー。
でもようやく合同練習で更に倍の、今までの最長不倒の15㎞を走る。
けど、マラソンの恰好ではない。
普段履きのスニーカーに丈の長いジャージでは、この15㎞が死ぬほどきつかった。
靴擦れ、爪のはがれ、筋肉痛、ひざ痛、土踏まず部分痛。
マラソン、何が良いのか…全然理解できないまま本番4日前。

ギリギリで手元に届いたおNewのランニングシューズとウェア類。
真夜中、仕事終わりになぜか42.195㎞を1回走りたくなり、おじさんが真夜中に走る。
結果、22㎞を2時間40分で走るも、本番前にバカだった(笑)。
本番当日、ひざ痛と筋肉痛が治らないまま、更にまさかの睡眠不足というマラソンに出ちゃいけないでしょ状態の私。
でも前日までにOB様やスタッフ、チームメイトに沢山の激励、アドバイスを頂き、絶対完走、そして感走したいと心に決め、人生初のフルマラソンが緊張する間もなくスタート!
8adafc44a6e79a6a9d807380ac388b95
02711b14eeabb3bbe91f1e0edca540d9

「なんだ、みんな遅いな。どんどん抜いていこう。」と快調に跳ばす私。
真夜中にしか走らない怪しいおじさんランナーは、当日暑いにも関わらず、厚着でスタート。
中間地点で2時間。
ほぼ6分ペース。…だったらしい。
ペースがわからないまま、走る走る。
わかるのは汗が噴き出て体が、頬が暑くなるのが確実に分かる。
喉が異常に乾く乾く。
給水場で止まったり走ったりを繰り返すとぶちえらい。
どんどん抜かされていく。
けど、JRさん応援団の前でOBのO様親子がご声援を(涙)。
だから元気に走る走る!
da54fce91996bb8a6c4d4f5e22b8f6f0
でも徐々につっていく体。
今まで走ったことのない25㎞の距離に加え、彦島大橋~下関市出島の悪魔のアップダウン往復路。
噂で聞いてはいたが、見て一瞬で拒絶反応と同時に足が止まる。
更に進む体の吊り様。
リタイアを100万回くらい考える。
けど、皆の顔が、維持が勝り歩きながらも前に前に。
出島で本格的にマッサージを受け、完全に私のGPSは止まって点灯。
会社の皆がリタイアと思った瞬間だ。

が、マッサージャーさんのお蔭でなんと走れる状態に戻ったのに、調子に乗ってソーメンとエナジードリンクをバカ食い。
それがいけなかった(汗)。
急にお腹が痛くなり、出島の橋をほぼ全力で走る。
ゴールではなく、トイレに向かってまっしぐら。
走りながら感じる「足が吊る」という再発症状。
「またか…」トイレから出た私を会社の仲間が声を掛けてくれ、その場は冷静と笑顔を装い走る走る。
その10m先でまた止まる。
もう走れません。
やはり頭を横切る「リタイア」という文字。と同時に「山田さん、感走が大事ですよ」というOB様からの言葉。
景色を見る。
走る人々を見る。
「結構歩いているじゃないか。皆苦しいのは一緒だ。」思い留まる。
ただ、「あっ、歩いてる」と幼子に言われた時は恥ずかしく、自分に悔しくむなしくもなったが「感走」と「完走」という言葉がゴールに自分を向かわせる。
とはいえ、歩いているのだ。
無情にも5時間半のペースランナーが私を簡単に抜き去る。
後は6時間のペースランナーに抜かれるだけ。
そうすればバスが私を迎えにくる。
少しして「山田さん、後6㎞だよ、頑張れがんばれ!」私のゼッケンを見て知らない人が私を鼓舞する。
いまだ全身が吊った状態。
本当に痛い。
特に両足と右肩。
でもあれだけ歩いた。
体力はあった。
6㎞を自分なりにスパート。
体が痛いが動く。
ラスト200メートル。
「居た!5時間半ペースランナー!」
ペースランナーも私の全身精一杯に気付く。
「5時間半切れますよ」と笑顔で振りむいて道を譲ってくれた。
進路変更するまでの力はなかった。
ゴール前にまたさっき応援してくれていたスタッフ、お客様の姿も!声を掛けてくれる!
もうゴール後はどうにでもなれ。
更に加速(したつもり)。
今まで何もこれといって成し遂げていなかった私の、唯一自慢できる5時間29分9秒という時間。
一生大切にします。
aaefe512f50ac782977c9b55b25493ed
今は来年を走ることを考えることもできないですが(笑)。
チームメイト、お客様、皆に感謝しかありません。
仕事も一緒です。
うちは、お客様と一緒につくる家づくり。
マラソンも家づくりも似ているなと感じた1日でした。

◇下関支店 まあまあのアドバイザー山田光也
2018年10月9日|カテゴリー「□福岡支店
先日の休みに家族で『山口ゆめ花博』に行って来ました。
NHKの番組でも紹介されていて、当日の会場はかなり賑わっていました。
会場には綺麗な花はもちろん、いろいろな見所がありました。

子供は「日本一高い木のブランコ」や「日本一長い竹のコースター」に乗りたいと大興奮。
整理券をもらうために自宅を朝5時に出発し、開場1時間前に現地到着。
開場と同時に整理券をもらう列に並ぶも、午前中の配布枚数に達してしまい、午後の配布まで待つこと3時間。
念願の日本一長い竹のコースターに乗ることができました。
親は少しぐったりでしたが、子供は大満足だったようでなによりです。
e7c42e6d014a7ed64513a35a2cf1d387
会場には「海の外遊びゾーン」や「山の外遊びゾーン」などがあり、大人だけでなく子供も楽しめる博覧会場となっていました。
c4af100a5aa15729d8bb4afcdc8beb9e
f8a7bb85ca85cd593ab40c818388bf0f
また、家を計画中、ご検討中の方には、「庭のパビリオンゾーン」がお勧めです。
自治体や造園屋さんが提案するいろいろな庭を見ることができるので、お庭を計画する際の参考になると思います。

自宅から少し距離はありましたが、朝から晩まで1日ゆっくり楽しめました。
束の間の休日ですが、家族と過ごす時間がとても大事な時間になっています。
みなさまもぜひ行ってみてはどうでしょうか。

『山口ゆめ花博』
会場:山口きらら博記念公園
山口県山口市阿知須509−50
会期:2018年9月14日~11月4日

◇福岡支店 松本忍
2018年10月2日|カテゴリー「□総合企画室
焼き肉やラーメン、韓国料理などコテコテ料理が続いていたここ最近。
胃に優しいごはんを食べたくて色々検索していると、なんだか素敵なお店を発見。

地図を見ながら探したのですが、あるはずの場所に普通の民家しかない…
何かの間違いかな~?とそっと覗いてみると、暖簾がかかっているような?
そうして、お目当ての「ちー食堂」にたどり着きました。
924344c518539530e0e5cf61e8e442d4-e1538447267268
どう見ても普通の一軒家
3698af669ef444cf322f1f5913560bfd
入り口に暖簾が…ここがお店でした!
中に入ると、今日のお米の炊き方やお味噌汁の具材、お味噌の種類などが書かれた紙が貼られています。
d8c98eb9db848b1ee6e0b92028ec359b-e1538448412217
こういった心遣い、とっても良いですね。
近くだったら毎日通ってしまいそうです。

メニューは本日のお昼ごはん定食や、ちゃんぽん定食、おにぎり定食など5種類ほどありました。
美味しいお味噌汁を頂きたかったので、私は迷わず本日のお昼ご飯定食に。
47f97dd5d0ed8b4e643c63ecf3a01755
本日のお味噌汁・ごはんのほかに、4種類のおかずと漬け物がついています。
最初は足りないかな…?と思ったのですが、お味噌汁がとにかく具沢山でお腹いっぱい!
おかずも優しい味付けで体がホッとほぐれました。
8a1f1fa652e67087c216c5b903566a17
食器もとっても可愛い
394c89705dabb5162974462ffb16dfde
お茶碗の底に小さなトンボを発見
昔の家をリノベーションしている建物で、室内の雰囲気もとても良いです。
やっぱり畳は落ち着きますね~。
8f414d9a1a5ed16e2575ef3cb1f72284
9b21230ef6288f94f3df6146d2cd9596
507e861d0aaa1651e8d3e5e1f1688941
中でも私が気に入ったのがこの廊下。
4449af470f9c29c462b3186630932b7f-e1538447462729
最近は廊下のないお宅が多いので、懐かしくて奥まで歩いてしまいました。
少し薄暗くて、細く真っすぐ伸びた感じ…実家を思い出します。
雑巾がけをしたくなりますね!

山口県は全国の中でも高齢化が深刻で、空き家が大きな問題となっています。
こちらのお店のように空き家を活用した古民家のお店を時々見かけますが、とても味があり、若者の利用も増えて一石二鳥だなと感心します。

そしてまず私達にできることは、地元にお金を落とすこと。
小さな地域貢献が山口県全体に広がり、良い循環が生まれて、地域活性化に繋がっていけば良いですね。

こちらのお店は現在下関の秋根と唐戸に2店舗あります。
ほっと癒されたくなったらぜひ訪れてみてください。

________________
ちー食堂 秋根店

山口県下関市秋根本町2-7-18
083-256-4600
日曜日・祝日定休
________________

□総合企画室 佐伯友香
2018年10月1日|カテゴリー「□周南支店
はじめまして。
周南支店展示場『爽の家』のホームアドバイザーとして9月から着任しました齊藤豊子と申します。
出身は安成工務店の住宅で使われている木材の出身地でもある大分県です。
この仕事に就かせて頂いたきかっけは、『木』が好きだから・・・です。
柔らかく、軽くて、暖かい杉の木が特に好きです。
杉の木の甘い香りも好きです。
丸太がトラックで山から運ばれているのを見るとテンションが上がります。

大分県には建築家『坂 茂氏』の設計した大分県立美術館『OPAM(オーパム)』があります。
至る所に木材が使われていて、また、紙管のパーテーション、机、椅子でできたレストラン(美味しくてとてもきれい)もある、きれいな美術館です。
OPAMは残念ながら木造ではありませんが、坂 茂氏が同じく設計したスイスにある『TAMEDIA社』の木材とガラスでできたビル・・のような美しくて機能的な木造ビルが日本でもばんばん街中に建つような日が来るといいな・・・と願っております。

そんな私の最近始めた趣味は・・・わさび栽培。
山口県岩国市の上流、林業の盛んな錦町で、わさびの栽培講習会に休日に参加し始めました。
理由は、私は食いしん坊なので、大好きなワサビを食べたいから・・・。
わさび栽培も農家の高齢化が進行中で、日本の中でも数少ない産地なので、盛り上げていかないといけないようです。
美味しいワサビ漬けを仕込むところまで行きつけるよう、ちょっと遠いのですが、頑張って通おうと思っています。(たくさん食べたいから)
ちなみに、わさび栽培においても、直射日光が大の苦手のわさびに日陰を与えてくれる杉の木は、とてもいい仕事をしてくれるようです。
411d99e9cd7f1cc181da16b035bf7954
↑わさび栽培地・・きれいな水とふっかふかの土
山で森林を育て、木材にして長く大切に利用して、いつの日かまた自然に還っていく・・・その循環の中にある自然な家づくりを目指し、お客様の希望する夢の家の実現のための第一歩をしっかりお手伝いできるよう、日々頑張ります!
『爽の家』にてお待ちしています。

〇周南支店 齊藤豊子
2018年8月10日|カテゴリー「□総合企画室
先日のお休みの日に急遽 長門市の仙崎にある「センザキッチン」に行ってきました!
「センザキッチン」とは、山口県長門市仙崎の海辺に今年の4月にオープンした観光施設です。
「センザキッチン」とは、仙崎の海辺にあり、長門の豊かな食材と、長門の楽しい情報と、長門の充実した遊びを調理し、ゲストに振舞うと言う意味が込められているようです。
私がすぐに気に入ったのは、なんといってもかわいいロゴです。
1b58fc6b2c3bf7eb52725ba28f3cf29b
b157155e5ec2a055682a5d3764390638
建物にはもちろん、あらゆるところにロゴが徹底してあしらわれています。
直売所では、商品をストックしているダンボールにまで!
Tシャツも販売されています。
b850c211c5815b307add630e3769fb4d
金太郎飴までも!
コンセプトを大々的に打ち出していて、いいですね!
直売所で買った海の幸を、そのままグリルハウスで焼いて食べることもできたり、フードコートも充実しています。
e386e50bf89d06afa6d69ba05cdca695
4ef11115ada321dde50140412cab457a
(写真は施設内にあった“ひものや食堂ひだまり”の定食です)


子連れに嬉しい「おもちゃ美術館」もあります。
80797df3bd1c78405a5040683f6647d0
2083f61884ee8b1c3e8e547a8e3b9869
子供たちは靴下を脱いでとても気持ちよさそうに木の床の上で遊んでいました。
やっぱり、木のおもちゃは見た目にも落ち着きますし、触っても気持ちよくて、こういうので遊ぶのは五感にも、良いのだろうなと改めて感じました。
ea2022a76ad90be43242c37426750c4e
f0a1e78dd162438aa1c53478816c4630
皆様もお盆休みにでもぜひ、行ってみてください!

□総合企画室 遠藤茜