支店ダイアリー

【宇部】愛する海

近年この景色は、山口県民ならず県外の方でもご存知の方は多いのではないでしょうか。
ここ角島は2000年に角島大橋が開通して以来観光客の数も年間600万人前後となり、あちこちにオシャレなカフェや物産所なども増え、山口県を代表する観光名所となりました。
5d18567e42a7309546d131b324c2f749
角島は私の母の故郷であり、現在祖母も元気に角島で暮らしております。
私が子供のころ(橋が架かる前)は毎年夏休みに渡船を利用して祖母の家に泊まりに行き、親戚と集まったり、釣りに行ったり、花火をしたりすることがとても楽しみでした。
私は小さいころに島で行方不明になったことがあるそうですが、小さな島なので必ずどこかで見つかるでしょうと今は笑い話です。

この島の暮らしはもちろん漁業がメインであり、島で捕れる新鮮な魚介は山陰地方が誇る産物です。
昔は遊びに行ったときにアワビやサザエ、ウニなどをお腹一杯食べさせて頂いていましたが今大人になって当時どれだけ贅沢をしていたかという事に気づかされました。
橋が開通してからは店や交通の便がとても良くなってきましたが、若い人が離れていき人口が減っていくことが心配です。
しかし、観光客が増えたことで漁業や観光ビジネスがもっと盛んになって角島がもっと活気の溢れる町になってほしいと願っています。

先日、今年初めて家族と角島へ海水浴に出かけました。
私は海が大好きで、毎夏行ける限り休みの日は海に遊びに行きます。
学生のころは波止場や磯で体中傷だらけになりながら海へ飛び込んだりモリを突いたりという遊び方でしたが、家族ができてからは海水浴場でまったり泳ぐという形に変わりました。
どちらにしても海に潜った時、海と一体になったあの感覚と時間がたまらなく楽しいのです。
去年は5回ほどしか海に行けませんでしたが、今年はもっと出かけられることを期待して、家族も説得しながら計画を立てたいと思います。
海に遊びに来たときは来た時も美しくして帰りましょう!
015ac437e6daf4e4ed0d9058de7630f0
◆宇部支店 福田健太郎
資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。