支店ダイアリー

【宇部】~京都旅~

先日、1泊2日のお休みを利用して京都へ行ってきました!
今回は以前から行きたいと思っていた「南禅寺」に狙いを定め、その周辺を散策することに決定。

南禅寺は京都洛東に位置し、臨済宗南禅寺派の大本山。
日本の禅寺の中でも最も高い格式を誇り、室町時代には「五山之上」に列せられています。
五山とは、京都の禅寺のうちトップ5の格式を持つお寺のことです。
南禅寺はさらにその上、別格に位置していました。
創建時の伽藍は室町時代をはじめ、計3回消失し、現在のものは江戸時代初期以降に再建されています。

山門が見えてくるとその貫禄、まさに威風堂々。
「絶景かな、絶景かな」という石川五右衛門のセリフがある歌舞伎「楼門五三桐」の舞台となっているそうで、山門の上に上がると京都北西の景色が広がります。
私が行った時は生憎の小雨で少し残念(ノд-。)
93dbf41f8b1c98dbef8951b2484bdb2b
今日の目的は「お寺」だけではありません!
南禅寺の境内には、琵琶湖から京都市へ湖水を流すために作られた琵琶湖疎水の一部「水路閣」が通っています。
水路閣は明治18年に起工され、全長93.17m、煉瓦造、アーチ型橋脚で当時の西洋技術を導入しつつ、設計施工を日本のみで行った水道橋です。
実はこの疎水は琵琶湖の取水口と京都まで4mほどの高低差しかなく、約12㎞にも及ぶ長さで4mの傾斜を築くことができた当時の精密な技術に目を見張ります。
近くに蹴上浄水場があり、現在もこの水が水道水として使われています。

木造建築のお寺と煉瓦造の近代建築が同じ敷地内にありつつも、お互いが喧嘩せずに自然に溶け込み、1つの景色を成している空間に酔いしれました('-'*)
dba6a5d2effd1298436717a1ce9debd0
c4e235f3239791d0e906921810465df3
夜は近くの平安神宮へ行き、夜桜鑑賞と丁度行われていたコンサートで尺八の演奏を楽しみました。
山口では散り始めていた桜も、京都ではまだ満開で今年は2度楽しめました(*´∇`*)
23da7efd18742d1d6662aa65795e3f1e
f25c426382147ec627d8e75b282af778
南禅寺の周辺は、明治維新後に政府の上地により、邸宅地として再開発された為か、塀から覗く家の大きさも細工も素敵な家が多く、小路を歩くだけでもワクワクと楽しかったです。

神社仏閣だけでなく、街歩きするだけで楽しい京都。
次回の京都旅行の際はどこへ行こうか楽しみです(*´ェ`*)

◆宇部支店 上田彩
資料請求
資料請求

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。