支店ダイアリー

□下関支店

2018年11月15日|カテゴリー「□下関支店
「フルマラソンに出ませんか?」

突然の若いスタッフからのお誘い。
いつだったかな?まだちょっと肌寒い季節だったような…
断る理由が無い時は決まって「はい」の私。
身長164㎝に対し、69㎏まで肥大化した私の、無謀な挑戦の始まりでした。

ベストは63㎏くらいの私。
69㎏では靴下を履くのにも一苦労。
子供とお風呂に入れば「お父さん、お腹に浮輪がついちょる(笑)」と言われる始末。
「いかん、このままでは!走らなければ!」と、思いながら6月には社内旅行で食べ歩きまくる私(汗)。
更に体重は増えて…。
海峡マラソンは11/4(日)。
9b30c60bbce96467e8d7c6cd06554ec5
後5カ月を切っても、一向に走らない私。
フルマラソンのチームメートは10人。
探ると皆、少しずつ走っているようで。
たまの合同練習は忙しいを理由に欠席続き。
それでも焦ってはきて、大失恋をしたかのように6月~7月で一気に62㎏まで体重を落としてみせた(お昼の弁当4分の1化等)。
後は走り筋力・体力をつけていくだけ。
そう、それだけ。
けれど夏は暑かった。
簡単に私の心をへし折った。ダメな私。

10月に入り、ようやく1㎞を走る。
10分掛かった。
遅すぎる。
倍倍計画だ!
次は2㎞、そして4㎞、更に8㎞。
あれ?いつの間にか何とか1㎞6分ジャストで走れてる。
さすが中学時代、ソフトテニス部でたくさんしごかれただけはある。
6分で走るペースを体が覚える。
しかしこれが本番での悪夢に…。

早いランナーの方は遅すぎるペース。
でも私は怠け者39歳のおじさんランナー。
でもようやく合同練習で更に倍の、今までの最長不倒の15㎞を走る。
けど、マラソンの恰好ではない。
普段履きのスニーカーに丈の長いジャージでは、この15㎞が死ぬほどきつかった。
靴擦れ、爪のはがれ、筋肉痛、ひざ痛、土踏まず部分痛。
マラソン、何が良いのか…全然理解できないまま本番4日前。

ギリギリで手元に届いたおNewのランニングシューズとウェア類。
真夜中、仕事終わりになぜか42.195㎞を1回走りたくなり、おじさんが真夜中に走る。
結果、22㎞を2時間40分で走るも、本番前にバカだった(笑)。
本番当日、ひざ痛と筋肉痛が治らないまま、更にまさかの睡眠不足というマラソンに出ちゃいけないでしょ状態の私。
でも前日までにOB様やスタッフ、チームメイトに沢山の激励、アドバイスを頂き、絶対完走、そして感走したいと心に決め、人生初のフルマラソンが緊張する間もなくスタート!
8adafc44a6e79a6a9d807380ac388b95
02711b14eeabb3bbe91f1e0edca540d9

「なんだ、みんな遅いな。どんどん抜いていこう。」と快調に跳ばす私。
真夜中にしか走らない怪しいおじさんランナーは、当日暑いにも関わらず、厚着でスタート。
中間地点で2時間。
ほぼ6分ペース。…だったらしい。
ペースがわからないまま、走る走る。
わかるのは汗が噴き出て体が、頬が暑くなるのが確実に分かる。
喉が異常に乾く乾く。
給水場で止まったり走ったりを繰り返すとぶちえらい。
どんどん抜かされていく。
けど、JRさん応援団の前でOBのO様親子がご声援を(涙)。
だから元気に走る走る!
da54fce91996bb8a6c4d4f5e22b8f6f0
でも徐々につっていく体。
今まで走ったことのない25㎞の距離に加え、彦島大橋~下関市出島の悪魔のアップダウン往復路。
噂で聞いてはいたが、見て一瞬で拒絶反応と同時に足が止まる。
更に進む体の吊り様。
リタイアを100万回くらい考える。
けど、皆の顔が、維持が勝り歩きながらも前に前に。
出島で本格的にマッサージを受け、完全に私のGPSは止まって点灯。
会社の皆がリタイアと思った瞬間だ。

が、マッサージャーさんのお蔭でなんと走れる状態に戻ったのに、調子に乗ってソーメンとエナジードリンクをバカ食い。
それがいけなかった(汗)。
急にお腹が痛くなり、出島の橋をほぼ全力で走る。
ゴールではなく、トイレに向かってまっしぐら。
走りながら感じる「足が吊る」という再発症状。
「またか…」トイレから出た私を会社の仲間が声を掛けてくれ、その場は冷静と笑顔を装い走る走る。
その10m先でまた止まる。
もう走れません。
やはり頭を横切る「リタイア」という文字。と同時に「山田さん、感走が大事ですよ」というOB様からの言葉。
景色を見る。
走る人々を見る。
「結構歩いているじゃないか。皆苦しいのは一緒だ。」思い留まる。
ただ、「あっ、歩いてる」と幼子に言われた時は恥ずかしく、自分に悔しくむなしくもなったが「感走」と「完走」という言葉がゴールに自分を向かわせる。
とはいえ、歩いているのだ。
無情にも5時間半のペースランナーが私を簡単に抜き去る。
後は6時間のペースランナーに抜かれるだけ。
そうすればバスが私を迎えにくる。
少しして「山田さん、後6㎞だよ、頑張れがんばれ!」私のゼッケンを見て知らない人が私を鼓舞する。
いまだ全身が吊った状態。
本当に痛い。
特に両足と右肩。
でもあれだけ歩いた。
体力はあった。
6㎞を自分なりにスパート。
体が痛いが動く。
ラスト200メートル。
「居た!5時間半ペースランナー!」
ペースランナーも私の全身精一杯に気付く。
「5時間半切れますよ」と笑顔で振りむいて道を譲ってくれた。
進路変更するまでの力はなかった。
ゴール前にまたさっき応援してくれていたスタッフ、お客様の姿も!声を掛けてくれる!
もうゴール後はどうにでもなれ。
更に加速(したつもり)。
今まで何もこれといって成し遂げていなかった私の、唯一自慢できる5時間29分9秒という時間。
一生大切にします。
aaefe512f50ac782977c9b55b25493ed
今は来年を走ることを考えることもできないですが(笑)。
チームメイト、お客様、皆に感謝しかありません。
仕事も一緒です。
うちは、お客様と一緒につくる家づくり。
マラソンも家づくりも似ているなと感じた1日でした。

◇下関支店 まあまあのアドバイザー山田光也
2018年10月24日|カテゴリー「□下関支店
こんにちは、西田農園です。
前に書き込みがありましたが、今年は「かぼす」の豊作年となりました。
そろそろ、収穫が最後となりましたが、一本の木からダンボール4~5箱分の収穫がありました。
私のまわりの皆さんは「また!」とすっぱそうな顔をしていましたが、嬉しそうな表情と信じています。
今の旬は自然薯の赤ちゃん「むかご」です。
f921a286f9ffa7bc2406827e10a7ebe6
これを茹でて軽く塩を振ると、ビールには最高のおつまみです。
このスーパーには売っていない「むかご」の自然薯のようなねばりと風味は絶品で、たとえ社員に「お願いだから食べさせて!」と懇願されても、持っていくわけにはいきません。
ただ弊害もありまして、我が家の敷地は自然薯を求めて猪が掘った穴だらけです。
5e0f34938bb0ff28bdd5f2055c0e1221
春の筍は収穫というよりは、竹に成長して道路をふさがないようにとか、家に入ってこないようにとかの整備作業です。

さて、クイズです。
これは我が家の柑橘類ですが、どれが「かぼす」「はっさく」「みかん」でしょうか?
88d3708c412fe800593a2d8d433b5612
A
3d7f739594c0cb406660e785ba8059e1
df12231a40389beff8049aadfa3ab2bd
答え
~かぼす
栽培されたものより香りが強いですが、種が多いような気がします。

~みかん
あとひと月くらいかな?
この状態では見分けが難しいですね。
昨年が豊作年で、今年は今一かな?
自然のままの「みかん」ならではの最高のすっぱさはどの「みかん」にも負けません。
でも、収穫して2週間くらい風とおしのよい所に置いておくと、少しは甘くなります。

~はっさく
毎年、安定して収穫しています。
収穫まで、やはりあとひと月くらいかな?
写真では大きさが解りませんので、難しいですね。
皮をむいて、そのまま食べてもよいのですが、私は焼酎の水割りに入れて、「かぼす」ほど強くない香りを楽しみます。

西田農園は手をかけずに、ただ収穫するだけの楽々農園です。
自然に感謝し、とげで手を傷つけながらの収穫は私だけの喜びです。
皆様も如何でしょうか?

■下関支店 西田亨
2018年10月11日|カテゴリー「□下関支店
今年も大シーズンとなりました西田農園の『か・ぼ・す』の収穫時期がやって参りました。
11acde3d4c0ee0f0b27e0afcc9a058de
西田農園は、支店スタッフの大ベテラン西田社員の門司の自宅で育てられた『か・ぼ・す』で、愛情をたっぷり降り注がれた抜群な、『か・ぼ・す』です。

9月の半ば頃から毎日のように出来た綺麗な『か・ぼ・す』を支店に持ってこられ、支店スタッフに振る舞われますが、頻繁に続くと飽きも出てきて、みんな迷惑そうな雰囲気になっていました。
そこで台所に向かった古豊社員が『か・ぼ・す』を切り始め捨てるのかと思いきや一生懸命ボールに絞り始め、それにたまり兼ねた三浦社員も炭酸水を買いに行き、二人そろって発案された『か・ぼ・す』ジュースを完成させたのです。
961e31a2caea9999318cae9e664ee24a
e1f012684fdc5455d77d9778b4a4f34f
その後、全員で試飲会を開き疲れた体に染みわたるほど美味しい『か・ぼ・す』ジュースを全て飲み乾し、みんなで感想を言い合いながらホッとしたひと時を過ごすことができました。
8591521d91f104f758b41a800b3def3a
採れたてで新鮮な『か・ぼ・す』は秋の魚!『さんまの塩焼き』にも最高なので、今年の秋は『か・ぼ・す』と『さんま』で今から寒くなる冬へ向けてスタッフ一同乗り越えて参りますので是非、下関展示場へのご来場を心よりお待ち申し上げます。

●下関支店 西永章則
2018年9月18日|カテゴリー「□下関支店
初めまして今年4月に入社致しました、サラリ―マン大工の坂口舜です。

出身は山口県下関市です。
今年21歳です。
趣味は音楽を聴いたり漫画を読むことです。
好きな音楽はDJさんがリミックスしてかっこよく仕上げた曲が好きです。
漫画は銀魂という漫画が好きです。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが今年でストーリー自体が完結しまして実はさびしく、、、
後は何よりも犬が大好きです。
家で二匹のワンちゃんに毎日癒されています。
a67e89d33ceef7ed262e03eb70181f69
左はコテツ(男)で右はキャサリン(女)と言います。
二匹とも仲良しで、毎日朝早くから追いかけっこをしたりしてます。
朝は二匹が起こしてくれて家に帰ったら寄ってきて、その時はすごい癒されます。
eb91bdafd0758cbe316471edcff7d052
休みの日は起こさないとずっと寝ています。
その寝姿に癒されています。
おがげで毎日の激務にも耐えられます(笑)。

話はかわるのですが、安成工務店に入ったきっかけはテレビや実際の家を見て、自分もこの会社で働いて沢山のことを学びたくて志望しました。
まだ分からない事ばかりですが毎日得るもの得てさまざまな経験と知識を学び、一人の人間としても成長できるよう日々頑張っていきます。

これからも宜しくお願い致します。

〇下関支店 坂口舜
2018年9月7日|カテゴリー「□下関支店
猫の家族がうちに加わり、1年が経ちました。
35年間鳥を飼ってきた私が、まさか猫を飼うとは思ってもいませんでしたが、けがを負った猫を見捨てることもできず、今日まで来てしまいました。

今ではすっかり元気な1歳の男の子、宮本清志郎。
かっこいい名前だけど、足を踏み外したり、その場で飛んでみたりたびたびおっちょこちょいだなぁと思わせる、可愛い可愛い猫です。
59efff017c7f3ee2ad4b50d92bd5d20d
家に来たばかりの頃の清志郎
イメージでしか知らなかった猫と一緒に暮らしてみるとイメージどおり自由で、マイペースで、わがままで、甘えん坊でしたがすべてが想像以上に、そうでした^^

猫は丸くなるものと思っていましたが、人の手を抱きしめて寝たり、大の字で寝たり、寝相がものすごく悪かったり。
一緒に暮らさないとわからなかったことも、たくさんです。
ef12e92a993b6402ad2948a9696180eb
感情を持ちあわせた猫と暮らす時を過ごすたびに、猫がみな幸せに暮らしてほしいと願います。

野良猫を見るたび、連れて帰りたい衝動にもかられますが、それ自体エゴかもしれないと悩むこともあるけれど、やっぱり一匹でも多く豊かに暮らしてほしいという思いは残ります。
820a5c03fa2ab45ec9074d39417306c8
本当に猫を飼いたいな、と思った人がいたとしてその人の選択肢に、譲渡などからも猫を飼うことができるということを思い浮かべてもらえたら嬉しいな、とも思います。

日本では昔から比べるとずいぶんと減って来ましたが、まだまだ殺処分される猫もいるのでそれをゼロに近づける手段が、ペットショップで選ぶのと同じくらいにポピュラーになったらいいな、と願ってます。

それから...
OMソーラーの家は、お部屋ぜんたいが均一にあたたかいです。
暖房のおうちは、上のほうが暖かかったりしますが、床の近くもしっかりあたたかいのです。

お子さんや猫がいるご家庭は、OMソーラーがあるとそれはそれは幸せに暮らせます。

猫の幸せって…考えると、一番の願い?!は、猫ちゃんが安成の家で暮らすことなのかな。
なんて、書きながら、結論づけてしまいました。
(いや、ほんとそうです! ね!)

〇下関支店 宮本聖子