支店ダイアリー

【福岡】建物探訪

先日の休みに北九州市戸畑区にある「旧松本家住宅」を見に行って来ました。
この建物は、明治45年松本健次郎氏により住居と迎賓館を兼ねて建築された建物で、国指定重要文化財・経済産業省の近代化産業遺産にも認定されている建物です。
564e217df0e80986c5abf91266ac82c3
洋館と日本館の二棟で構成されていて、洋館の設計は東京駅の設計でも知られている辰野金吾氏の設計です。
アール・ヌーヴォー様式のデザインで、美しい曲線が特徴の建物です。
外観だけでなく内部も細かなところまで作りこまれていて、明治45年築の建物とは思えない仕上がりでした。

一方、日本館は洋館の建築監督をされていた久保田小三郎氏が設計しており、洋館とは対照的に純和風な雰囲気の数寄屋造りの建築です。
12643c97b10af5d1255876dcd3f2f843
和と洋、デザインは様々ですが、長く残るデザインは洗練されていると感じました。
私も設計者としていろいろなお客様の建物に携わらせていただいていますが、より良い家づくりのご提案ができるように日々勉強中です。

実はこの建物、年に1回だけしか一般公開されておらず、抽選に当たらなければ見ることができませんが、興味のある方はぜひ申し込みしてみて下さい。


また、安成工務店でも定期的に見学会を実施しております。
お近くの見学会場がありましたら、ご予約の上、ぜひご来場下さい。


◇福岡支店 松本忍

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。