支店ダイアリー

【福岡】フィンランド旅行

今年3年ぶり2回目のフィンランドを旅してきました。
以前、アルバアアアルトの自邸とアトリエを訪れた際に友人になったフィンランドの人のガイドさんの案内で念願のパイミオのサナトリウムに行ってきました。
パイミオのサナトリウムはアアルトの代表作で、北欧のモダニズム建築の先駆けとなった建築物です。
もともとは結核治療の為の施設です。
284f907ca479ef98739529899b93e930
73f646fe7db2797df04ac057abf237b7
日本でもそうですが当時は薬剤がなく、環境の良い場所で療養するしか無かった為、その建物は森の中に佇むように建っていました。
パイミオのサナトリウムの素晴らしいところは患者のことを第一に考えた建築物であることです。
279e49b1b02b2093f53a9f2586d9565a
バルコニーから見渡せる森の深い緑
床の黄色は天井を反射し、温かい空間を作っています
2d913beb2b8df818c6552303b568037c
c2a40bd89ee4f4967053e9cc5647f2b6-e1541381263159
結核患者の為につくられたパイミオチェア
32bf6043dd63cf10405be2993eccd07c-e1541381229599
階段のアール
そのほかにも詳細にわたり、患者の為に細やかな心遣いのある建築物です。
ガイドさんがこれこそがヒューマニズムだと教えてくれました。
とても建物の在り方について考えさせられた旅でした。

◇福岡支店 重松千恵
資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。