支店ダイアリー

□福岡支店

2019年6月17日|カテゴリー「□福岡支店
福岡では、山笠シーズン突入ですが、皆さんいかがお過ごしですか?
町の中にも、飾り山笠の準備が整い夏を迎えようとしております。

さて、福岡支店では、現場美化はもとより事務所の美化にも積極的に取り組んでおります。
身の回りの整理整頓や、照明器具の清掃など事務所が使いやすく明るく見えるように頑張っています。

さらに緑を各々、購入し飾ることにしました。
植栽のお手入れをする事で、美しくなり、眺めているだけで緊張を和らげ、ストレスを軽くしてくれるそうです。
29d4cc720d16cb87f130d97ac2e9cd69-e1560495870492
左から
・アジアンタム(ワラビ)科
・セネシオ グリーンネックレス「緑の鈴」
・アグラオネマ「幸せを招くタイの宝石」
b3e51c0d45af8d0fbe59591991ba85f4
こっそり窓辺に並べて、写真撮ってますがキレイを保つのは大変です。
水のやりすぎ、乾燥にかなり気を使います♪ 
それぞれ、特徴も違えば、産地も違うし色や、好みの温度も違うので順調に育ってくれると、とても気持ちが良いです♪

皆様も、事務所によられた際や、見学会でお気づきの際は愛でてください。

□福岡支店 遠藤喜世彦
2019年6月5日|カテゴリー「□福岡支店
先日の休みに北九州市戸畑区にある「旧松本家住宅」を見に行って来ました。
この建物は、明治45年松本健次郎氏により住居と迎賓館を兼ねて建築された建物で、国指定重要文化財・経済産業省の近代化産業遺産にも認定されている建物です。
564e217df0e80986c5abf91266ac82c3
洋館と日本館の二棟で構成されていて、洋館の設計は東京駅の設計でも知られている辰野金吾氏の設計です。
アール・ヌーヴォー様式のデザインで、美しい曲線が特徴の建物です。
外観だけでなく内部も細かなところまで作りこまれていて、明治45年築の建物とは思えない仕上がりでした。

一方、日本館は洋館の建築監督をされていた久保田小三郎氏が設計しており、洋館とは対照的に純和風な雰囲気の数寄屋造りの建築です。
12643c97b10af5d1255876dcd3f2f843
和と洋、デザインは様々ですが、長く残るデザインは洗練されていると感じました。
私も設計者としていろいろなお客様の建物に携わらせていただいていますが、より良い家づくりのご提案ができるように日々勉強中です。

実はこの建物、年に1回だけしか一般公開されておらず、抽選に当たらなければ見ることができませんが、興味のある方はぜひ申し込みしてみて下さい。


また、安成工務店でも定期的に見学会を実施しております。
お近くの見学会場がありましたら、ご予約の上、ぜひご来場下さい。


◇福岡支店 松本忍

2019年5月16日|カテゴリー「□福岡支店
先日、見学会を開催しました。

GW明けのお忙しい2日間にもかかわらず、多くのご来場を頂き、また多岐にわたるご意見、ご感想を賜ることができ、我々スタッフ一同感謝、感動の2日間でした!
ご意見の多くは間取り、デザインもさることながら、かなり暑い2日間でしたが、やはり珪藻土の調湿、また風の抜ける設計を体感して頂く事で、「エアコンつけてないのにこんなに涼しいんだぁ」「湿気がこもってない、やっぱり違うね」「自然の力ってすごいなぁ」など、ありがたい貴重なご意見を多く頂き、よりオーガニックな良い暮らしを想像して頂けたかと思います。
我々もあらためて、皆様の家づくり、暮らしづくりを考える非常に貴重な2日間でした!
d3c079d3c6b0531fad843448257a8197
※写真は類似イメージ
今後も、6月9日(日)にOB様見学会、7月は完成見学会、森林ツアーと、イベントが目白押しです。
e97458bf5c7d277ee5b85eabb317d787
森林体験ツアー
皆様の何かお役に立てれば幸いです。
ぜひ一緒に楽しんでいただければと思います!
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

◇福岡支店 内田哲慈
2019年5月7日|カテゴリー「□福岡支店
熱気球で有名な「佐賀平野」
ながら・・・フライトシーズン以外は飛べないので(田んぼ状況により着陸できない為(^^ゞ)
バルーンニスト達は、飛べる可能性があるエリアを開拓して遠征フライトしています。
今回の熊本県山鹿市でのフライトの様子の一部をご紹介します♪
e23760346a4f9cc4941b1884c2395b8d
出発時間は朝4時半。気球の朝は早いのです(^_^;)
※比較的風が弱い大気の穏やかな朝がフライトには最適なので出来るだけたくさん飛べるように日の出を待って離陸します。

他のチームと合流しパイバル(ヘリウムを入れた風船)を飛ばして風の方向と強さを確認。
計測器で各高度にどのような角度・スピードの風があるかをチェック。
霧が深く飛べるかどうか???様子をみながら離陸地と着陸地を地図上でチェックし大枠のフライトプランを立てて、離陸地探しへ。
cc61a4a4aa1d78da554b24bb4739ff98
9c13af71f0591d11ad59d4c2413175a7
河川敷のフリースペースを離陸地として決定し、霧の様子もはれてきたのを確認して、フライト準備を始めます\(^o^)/
まずは球皮を広げ、バスケットとつないでインフレーター(大型の扇風機のようなモノ)で空気を入れふくらましながら、上部のパラシュートをベルクロ(強力なマジックテープ)で止め、ある程度膨らんだところでバーナーで熱気を送り込み気球を立ち上げます。
8f4efd64c240c9369833d3898d6a9592
91c9bca71b8f787d35b8dabe2e59a7bf
いざ離陸~♪
この頃には深い霧もあがり、少しずつ上昇しながらついに綺麗な景色が目の前に広がります(*^_^*)

地上クルーに他の気球やパイバル(風船)を見てもらい的確な「風」情報を無線で送ってもらいます。
※熱気球はハンドル等の操作機器は一切なく、操作手段は風のみ!
行きたい方向・着陸したい位置(競技であればゴール)に向かう為に・・・、
風向は高さによって異なる事を活用し、プロパンガスを燃料とした熱気を球皮内に溜め込んだり、抜いたりして「外気との気圧差」で上昇、下降を行います。

ちなみに、優雅にフワフワ飛んでいるように見えますが上空では、「地図」は勿論の事「高度計」や「GPS」を搭載し上空に浮かぶ気球の高さ(フィート)や位置、進行方法(何度方向に向かっている?)を確認しながら、刻々と変わる風状況をチェックしながら飛んでいます。
安全に飛ぶことが第一!
886dbe01608f2f4c04f678338177cded
68f34015d64fa545034104d12cce6fad
・由緒正しき「古墳群」(江田船山古墳・虚空蔵塚古墳・塚坊主古墳)と古民家を移築再現された「民家村」
 ※ここで発掘された大量の副葬品は国宝として東京国立博物館に保管されているとのこと
ec9e4b57bee2b8d36806c4fcd62d754f
aefb5f0776d72f743eb73ec61141bd10
・キャンプ場に並ぶテントたち(キャンプやバーベキューを楽しむご家族♪)
6b4af7af508cb545586a820ab7676bb0
・ゴルフ場は上から見るとこんな感じ
efe4d9b4f8ffbd247749d683ca4dca6f
そして最後は、ある日の着陸地
山に囲まれた谷間に入り、着地できるところを探りながら・・・
ピンポイントで見つけた空き地を発見!
上空から人が多いなぁと思って地上を眺めていたところ、なんとそこは、NHK大河ドラマで旬の「いだてん」の金栗四三の生家(現在は資料館)の駐車場(@_@)
ご近所・関係者スタッフ・観光客、そして「しそうさん」の家の上をフライトしていたようです(^_^;)
23ebd95d8309ce6dc967862b26eeee39
オープン前だったので、ランディング&回収の了承を頂き無事にフライト完了!

以上、熱気球散歩のご紹介でした。
秋には佐賀平野で「インターナショナルバルーンフェスタ」が開催されています。
イベント盛りだくさんで色々と楽しめますので是非、実物の熱気球を見にきてください♪

「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」

◇福岡支店 岡本靖恵
2019年4月8日|カテゴリー「□福岡支店
今年も安成工務店・グループ会社に11人の新入社員を迎え入社式を桜満開の中、本社にて開催致しました。
入社した11人の新入社員は約2週間の期間で会社の理念、取組み等を各部署、各施設を廻り役員他、担当責任者からレクチャーを受けて、その後各部署へ配属となります。
先日、住宅事業部福岡ブロックの研修を行いました。
まずは福岡の住宅展示場を見学、担当者から建物の説明を受け皆真剣に話を聞きメモを取っていました…
6852bd737845738345b48faaa115fbca
〈展示場内でのレクチャー〉
26fddf6a1a53bf2de86d131e70d0caf1
〈展示場前で集合写真〉
その後、福岡支店へ移動し私が講師となり住宅事業部の取組、福岡ブロックの説明、建築知識の基本演習などを行いました。
59ac064137c7e75a901138b0a4dc2dab
〈事務所でのレクチャー〉
737b1491ca63e29275b4c61767a072e0
〈研修中の写真〉
雑談の中で皆の父親の年齢を聞くと私より年下のお父さんが多く、いつの間にか社員の年齢も自分の子供より若い世代となり、上司先輩社員と言うより、ついつい父親目線となって社員を見ていました。
平成最後で令和元年の節目に入社した若者たち‥
研修を終えると配属先での新たなスタートとなります、研修中で見せたキラキラした目をいつまでも輝かせ頑張ってください!

◆福岡支店 店長 入江祐二