支店ダイアリー

【北九州】イサム・ノグチ リスペクト

安成の家づくりが好きな方は、イサム・ノグチの「あかり」シリーズがお好きな方も多いのではないでしょうか?
安成工務店HPで紹介させて頂いている竣工写真の中にもさりげなく写っている事がありますね。
私も、この不思議な照明は何となく好きです。
目にやさしい、和紙をとおしたぼんやりと暖かい光。
谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」をイサム・ノグチが読んだかどうだかは知りませんが、日本人の住まい方・光の捉え方・感じ方に沿った作品だなと思ったりして。
面白い形をしているけれど、煩くもなく。
そんな、和にも洋にも合うこの照明をデザインされたイサム・ノグチの回顧展とも言うべき展覧会が大分県立美術館で開催されていたので休みを利用して見に行ってみました。

「20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」
fac0f38e3861098043cebb42adaa85e6
中国滞在中に墨で描かれたデッサン(?)や彫刻の数々。
つるんとして一見何だか分からないようなものでも、それには必ず点と線、肉付けをするかしないか、などの考察の痕跡が見られます。
f239f77e6720f73c92e5425c02359d6f
舞台や公園などのデザインもされていて、それらもとても不思議な形ではありましたが…そこには「人間そのものへの追及」というものが感じられました。

数年前に社員旅行で行った札幌のモエレ沼公園の模型も、もちろんありました!
その時は「なんだこれ?オシャレすぎてよくわからん…」と思っていましたが、この展覧会を通して何となく理解できそうな気がしてきました。
(公園写真は社員カメラマン撮影引用)
51ebc8775990f67aaea63a6bbac379b0
b511ab955963f88eb4e6fd3df9440c31
c39f9e40612be6f23c4fcfef3c3d4912
美術館に行ったからと言って急に詳しくなる訳でもないのですが、それらを踏まえ、改めてこの照明のデザインをじっくり見てみると、この動きだしそうな形や細い足は彫刻家だからこそなのかな?と感じられました。
ba0d1606e95b5b7c07a6c3788301f960
f7463c01349235d424b55349066bbe37
d3bb911b8bb9dd8ece49ad0c29c41380
この照明のデザインは、単に「提灯からの着想」ではない事が改めて感じられる展覧会でした。
思い切って行ってみて良かったです。
北九州支店の見学会でも「あかり」シリーズはさりげなく置いてある事があります。
使われている事があったらもっとじっくり見てみようと思います。

おわりに…
建築が好きな方へのサービスショットも撮ってきましたよ!
大分県立美術館の設計は、建築家の坂 茂(ばん・しげる)さん♪

天井をめっちゃ眺めている人、写真撮りまくっているひと、沢山でした!
私も真似して撮影してみました!
とてもきれいでした!
まだ見られたことのない方、ぜひ訪れてみて下さい。
13f3695e21a48019b78548d938760f76
6baf75fb71a887400a81a6759ff42e28
あと、個人的には衝撃的だったので…トイレもオマケで…。
69209e87cdd361134fa8c4cb86aa18dc
フリーの展示スペース。こんなところにトイレが…?
a9c38b4643de07e01cceb18a38dc0ae4
どんな感じかな?
06bc9b6d60eb6b99172ef6814b5c1197
当然のようにさっそく便器が。なかなか衝撃的でした。
□北九州支店 小林祐子
資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。