1. HOME
  2. 家づくり思想
  3. デコスドライ

デコスドライ 冬暖かく、夏涼しい。 次世代断熱(次世代省エネルギー基準適合)

デコスドライ工法は、隙間のない断熱を実現することにより家の中を調湿、冷暖房費を節約し、騒音や結露を抑え快適な住空間を作り出します。 また、セルロースファイバーは、古紙を再利用しているため、木質繊維の特徴である吸放湿性に優れ、木造建築に最適の素材です。

パフォーマンス

効果的な断熱施工を行うには、高性能素材の使用はもちろんのこと、その素材の性能を十分に生かせる施工方法を採用しなれければなりません。セルロースファイバーによるデコスドライ工法は、家の中を調湿し、冷暖房費を節約し、騒音や結露を抑え快適な住空間を実現します。

1.断熱性 Insulating

冬暖かく、夏涼しい快適空間。冬は室内の熱を逃がさず、夏は外部からの熱の侵入を抑え、冬暖かく・夏涼しい快適空間を実現します。室内の上下の温度差が小さいので、急激な温度差による、脳卒中や心疾患をおこしやすいご高齢の方にもやさしい住宅です。

2.防露・調湿度 Dew Proof

最適な湿度をキープし結露を防止。
木質繊維のセルロースファイバーは新聞紙などをリサイクルしてつくられます。つまり、障子と同様に湿気を吸ったり吐いたりするので結露の心配がありません。

3.防音性 Sound Proof

繊維の力で抜群の吸音力。吸音材としてもすぐれたセルロースファイバーを隙間なく施工することで、反響騒音に抜群の効果を発揮。防音処方の効果が広く認められ、集合住宅にも採用されています。

4.省エネ Saving Energy

最高レベルの省エネ水準。国が定めた最高レベルの省エネ水準である「次世代省エネ基準」に適合しており、年間を通して冷暖房の光熱費が大きく節約できます。

マテリアル

セルロースファイバーについて

天然繊維は、一本一本の繊維の中に自然の空気胞があります。その様々な太さの繊維が絡み合い空気の層をつくり、熱や音を伝えにくくします。また、木質繊維特有の吸放湿姓で、適度な湿度を保ちます。

1.安全性 Safety

国際的に認められた安全性。セルロースファイバーは木質繊維で添加されているホウ酸は医療にも使用され、アメリカ、ドイツの厳しい安全基準にも適合しています。(ドイツのエコテスト 推奨品)

2.防熱性 Fire Proof

万一の火災にも安全。セルロースファイバーは難熱処理されています。万が一火災にあったとしても延焼を防ぎ、有毒ガスを発生させません。

3.耐水性 Water Proof

わずかの雨漏りがしても大丈夫。
水をはじく(撥水)処理を施しています。

4.防カビ性 Mold Defend

木質繊維が持つ吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止します。ゴキブリ、シロアリ等の害虫に対しても効果があります。

日本発。株式会社デコスが建築用断熱材としてカーボンフットプリント(CFP)認証取得

2011年11月11日、株式会社デコスは建築用断熱材として日本で初めて『デコスファイバー』へのカーボンフットプリント(CFP)マーク使用許諾認定を取得しました。
これは、『デコスファイバー』が他の断熱材と比較して、製造時のCO2排出量が極めて低いことや、「デコスドライ工法(乾式吹込み工法)」により完全に躯体へ充填できる施工性の良さ、建物自体の省エネルギー性を担保しやすいことから、その省CO2性能を公的に証明するため経済産業省のカーボンフットプリント(CFP)制度に検証申請を行なった結果によるものです。
今後、『デコスファイバー』にCFPマークを表示することで、建築用断熱材分野におけるカーボンフットプリント制度普及の牽引役を担うとともに、公共建築物等の木材利用促進や、今後採用が進むCASBEEやLCCM住宅などを通じて、低炭素社会に向けた建築業界でのCO2排出量削減や環境に対する意識向上に、デコスドライ工法のさらなる発展をつなげていく考えです。
⇒【2011/11/15発行】プレスリリースはこちら [PDF形式 200KB]

詳しくはこちら

安成工務店グループ

ネットワーク

ページのトップへ
copyright (c) YASUNARI Co.,LTD. All rights reserved.