中庭で繋がる、大家族 福岡市 F様邸

img0122
今回のお宅は福岡市にお住まいのF様邸。
家づくりを担当したアドバイザー・澄川と、編集スタッフでお宅に訪問し、お話を伺いました。
img0222
(1)家づくりのきっかけ・過程

ご主人/
以前は古い家で両親と同居していたのですが、プライベートもない上、隙間風も酷かったのでいつかは家を建てたいと思っていました。
そんな時、偶然2月に行われた全店一斉見学会のチラシを見て「こんな感じの家を作りたいな」と漠然と思いました。その時は安成工務店という文字を見ていなかったのですが、マリナタウンのモデルハウスを見に行った時に「この家の感じ、いいな~」と改めてチラシを見てみたら、なんと同じ安成工務店だったんです!通じる所があったんでしょうね。
奥様/展示場にはたまたま営業の方がいらっしゃらなくて設計士の方が対応してくださったのですが、「私は普段、設計をしているので話すのは慣れていなくて…」と正直に話してくださいました(笑)。後から考えると逆にそれが良かったんでしょうね。
img0322
 (2)打合せはいかがでしたか?

ご主人/
雑誌を見ていい写真があればその都度伝えて提案して頂き、かなり細かいところまで打ち合わせをしました。本当に時間が経つのがあっという間で気付いたら夜中になっていることも!テーブルの材や中庭の植栽も澄川さん達と遠方まで見に行ったのですが、実のところ現地の美味しい昼食がメインでしたね(笑)。
大工さんもすごく丁寧に作ってくださいました。仕事帰りほぼ毎日建築の様子を見学して行っていたので「また来た!」って思われてたかも(笑)。

img0422
(3)家づくりのこだわり

ご主人/
中庭の木を当初大きなシンボルツリーにする予定だったのですが、春はやまぼうしや桃の花が咲いて、夏は緑いっぱい、秋はもみじが紅葉して…一年を通して四季を感じるのもいいなぁと。プロの方がどんどん提案し、導いてくれたのですが、これが大正解。ベランダから見ても素敵なんですよ。
そうやって色々話しているうちに、どうせなら大きなダイニングテーブルも作ってしまおうと2700mmもある大きなテーブルを作りました。テーブルを含めた各部屋を隔てないこの空間を「家族室」と名付けてくださいました。大人数に対応してとても便利です。
img0522
(4)暮らし初めていかがですか?

奥様/
家が広々しているし風通しも良いので、夏の暑さが違います。以前は2階は40度越えていたことも!今は本当に暑い真夏の日中でも30度前後だから、朝は締め切って扇風機だけで大丈夫です。
お母様/冬は、前の家は隙間風だらけでストーブの側から離れられなかったので、この家に来てすごく暖かいです。今年の冬もお布団を一枚しか使っていません。家にいると、なんだかすごく居心地がいいんですよ…。言葉には表せない心地よさってこういうことですね(笑)。

(5)お気に入りの場所・シチュエーション

ご主人/
夏の風呂上りに、デッキにパンツ一丁でビールを飲む!これが本当に最高(笑)。
奥様/私は2階のベランダが好きで、夏、布団とレジャーシート、蚊取り線香を持って寝ようと思ったのですが、さすがに蚊が多くて断念(笑)。部屋はカラッとしていて、雨の日も寝る前に部屋干ししたら朝には乾いています。珪藻土の調湿性のおかげでしょうね。
img0622
(6)安成に決めた決定打

ご主人/
当初、他社と迷っていたのですが、澄川さんや設計の方は同世代だったので包み隠さず何でも言えて、気になったことは電話ですぐ相談し、時にはバカ話もしたりして…やはり最後は人柄だったと思います。今後の事も考えて担当が澄川さんで良かったです。
実は、ちょうど家を建てている途中で生まれた次男を「やすなり」と命名しました。
お母様/漢字は違うのですが、字画もいいし、思い出にもなるからと家族で決めました。「やすなり君の家よ」なんてよく笑いながら話しているんですよ(笑)。
img0722
(7)担当者よりひとこと(アドバイザー・澄川祐介)

F様にお引渡しをさせていただき約1年が経ちました。
お子様がつける傷や少しずつ色づく床や柱を見て、時間が経つのは早いな~と感じました。
家族みんなが集まる、「家族室」ではいつも会話と笑顔の絶えないにぎやかな空間を楽しんでいただいています。
お宅に訪問すると、今でも家族の一員のように出迎えて下さり、家づくりの思い出や住み心地などをお聞きするのが毎回楽しみです。
これからもお子様の成長と「木の家」の経年変化を楽しんでいただければと思います。
資料請求
資料請求

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。