遊びゴコロで暮らしに彩り 下関市 U様邸

遊びゴコロで暮らしに彩り(下関市/U様邸)

00112
今回のお宅は、下関市にお住まいのU様邸。
家づくりを担当したアドバイザー・西田、デザイナー・大下と編集スタッフがお宅に訪問し、お話を伺いました。
005
(1)家づくりのきっかけ

ご主人/
できれば大手メーカーではなく地元の工務店で建てたいと思っていました。元々ログハウスに憧れていたのですが、知人から「メンテナンスが大変だ」と聞き、無垢の木で建てられる家を探していたところに安成さんと出会いました。

(2)打合せはどうでしたか?

奥様/
楽しくもあったし、大変でもありましたね。なかでも間取りが一番悩みました。
ご主人/
確かに打ち合わせは本当に大変でした(笑)。将来のことまで考えて寝室を一階に持ってきたり、動線を良くしたり…色々悩みました。
奥様/
実家が全部引き戸で、母親から「年を取ってからは引き戸が楽で良いよ」と聞いていたのでそんな話も参考にしています。
004
(3) こだわった点は?

奥様/
家のコンセプトは「カフェ風」。私は雑貨屋さんが好きなので、好きなアイテムを自分で色々と用意し、小窓のカーテンやドアのナンバープレートなどを手作りしました。キッチンの小さな棚は主人がフローリングの端材で作ってくれたんですよ。ダストケースなどの大きさに併せて大工さんがキッチンの棚を造作してくださったので、すっきりとして使い勝手も良いです。
0031
ご主人/
僕は薪ストーブを絶対つけたかったんです。我が家の薪ストーブは当時の新商品で、小倉まで見に行きました。今は子供が小さくてあまり点けられていませんが、やはりエアコンより断然暖かいですね。


0025
(4)暮らし初めていかがですか?

奥様/
そういえば、住み始めてお肌の調子が良いです。はっきりとした理由は分からないのですが、もしかしたら木や珪藻土のおかげなのかな?我が家に初めて来る人には、必ず木のいい香りがするとも言われます。
ご主人/
外から帰ってきても暖かいですね。家を建てて良かったと、ふとした瞬間に実感します。今後は友人達とウッドデッキを作ったり、飾り棚をつけたりまだまだ手を入れていきたいです。
005
(5)安成工務店に決めた決定打は?

ご主人/
家づくりを考えていた時、きららドームで開催された「住宅フェア」で偶然安成さんのブースを発見しました。
その時に住宅雑誌と安成社長の著書を頂いたのですが、特に安成社長の本はとても良かった!木や断熱材などとにかく全てにこだわっていると分かり、読めば読むほどすごいなと…本当に隅々まで読みましたよ。
初は社長のサインを貰おうなんて話していたほど(笑)。実際その後、下関展示場でOMソーラーや珪藻土、木の質感などをより実感できたので、家づくりの決め手になったと思います。

007
(6)担当者よりひとこと(デザイナー・大下 律子)

可愛いもの達に囲まれた、手作り感溢れる温かな暮らしにお邪魔してきました。U様のお宅はちょっと寄りたくなるカフェ風の家。
育て真っ只中で忙しいご夫婦ですが、家の事を伺うと何だかとても幸せそうでした。
ステージで踊ってくれたお姉ちゃんと元気な弟くんは、これから安成の家で大きくなっていくんですね。
子供さんの成長、そして家の棚やデッキなどの出来上がりもこれから楽しみにしています。
資料請求
資料請求

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。