支店ダイアリー

2018年2月4日|カテゴリー「□下関支店
この1月に宇部支店から下関支店へ異動となりました三浦と申します。
今回は2/17(土)、18(日)で宇部支店の見学会開催予定物件をご紹介したいと思います!

今回の物件では、宇部で陶芸家としてだけでなく幅広く活動されているShima ceramica -シマセラミカ-の田中恭子さんに設えのご協力を頂きました。
Shima ceramicaと聞いたら、陶器を中心に素敵な生活雑貨を取り扱われているおしゃれなショップであることはご存知の方も多いと思います。
お店にお邪魔させて頂くおり、いつかShima ceramicaさんの商品を中心に、設えをコラボレーションして頂けないかと思っておりまして、ようやく今回開催予定の「Y邸」でその願いが叶いました!
加えて、田中さんの呼び掛けで、日頃よりお世話になっている花屋の「ことり」さんにお花を生けて頂いたり、刺し子作家のMICOR(ミコル)さんが手の込んだ刺し子布巾を大急ぎで作ってくださるなど、その輪がどんどん広がり、繋がっていたのにもありがたいご縁を感じました。
827c384c29c0d75aaae3be2bc92ce925
f6a33e962c719a0e09e3451d75ee3d8e
1ebe6f1dcab0b6ec97ad223b4b216041
7e7b9e0194607e914bf0861d710e3279
8f6ef56f5ef04faf2ab6cc9dde5a9a1b
05ccd400fdbc89046672377463e2ecca
ea314f45b74221c594c7e9cbf95feb8d
d1d0b67eb9a186987a1cee064169d3e3
90763e89ae9dec71eb68c986300230aa
尊敬する田中さんの想像力と新鮮な設えは、いつもの私たちとは異なり、設えを楽しまれる姿はとても勉強になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分で言うのも何ですが、確実にお洒落度がパワーアップしたと思いますよ。
「家を建てることはまだまだ」という方も気軽にお店を覗く感じで見学会に来て頂きたいと思います。


シマセラミカさん

「ことり」さん


■下関支店 三浦和
2018年2月1日|カテゴリー「□福岡支店
早いもので今年に入り、一ヶ月が経ちますね。
皆さまは新年、志を新たに今年は何を目標に掲げましたか(^O^)?

日本には、それぞれの季節の移り変わりを感じながら過ごす風習があり、四季を更に細かく分け、二十四節気(にじゅうしせっき)として季節の名付けた呼び方もあります。
あと数日もすれば、暦の上では「立春」(『春』が始まる日)で、今年は2月4日!
前日の3日の節分には「豆まき」をして邪気を祓い、春を迎えるという事ですね。

私自身、惰性で過ごしがちな日々の中(^_^;)このような四季折々の気候や景色を肌で感じ、ならわしを通すことで気持ちを新たにする機会としています。
といいつつ・・・実際は目先の事に追われてスルーしてしまう事もありますが、今年の目標を省みたり、日々の見直しをしたり、自然に感謝したり!暦を活用しています♪

↓これは今年の元旦「初日の出」の写真です。
9f9d37dea89bd3a9d8c97f6311f0dc08
b178eb9cd9a09a873d38c4fdba95555b
朝陽と一緒に空に昇り「熱気球」の上からご来光を拝む事が『新年の恒例行事』となっています。
素敵な一年にするぞー!と神聖な気持を振い立たせてくれるので、立春を前に引っ張り出してみました。

これからまた、気持ちを新たに頑張りましょう♪

追伸
今年の恵方は『南南東』!
恵方巻きの具材を何にしようかと、日々検討中です。

●福岡支店 岡本靖恵
2018年1月25日|カテゴリー「□北九州支店
安成の家づくりが好きな方は、イサム・ノグチの「あかり」シリーズがお好きな方も多いのではないでしょうか?
安成工務店HPで紹介させて頂いている竣工写真の中にもさりげなく写っている事がありますね。
私も、この不思議な照明は何となく好きです。
目にやさしい、和紙をとおしたぼんやりと暖かい光。
谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」をイサム・ノグチが読んだかどうだかは知りませんが、日本人の住まい方・光の捉え方・感じ方に沿った作品だなと思ったりして。
面白い形をしているけれど、煩くもなく。
そんな、和にも洋にも合うこの照明をデザインされたイサム・ノグチの回顧展とも言うべき展覧会が大分県立美術館で開催されていたので休みを利用して見に行ってみました。

「20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」
fac0f38e3861098043cebb42adaa85e6
中国滞在中に墨で描かれたデッサン(?)や彫刻の数々。
つるんとして一見何だか分からないようなものでも、それには必ず点と線、肉付けをするかしないか、などの考察の痕跡が見られます。
f239f77e6720f73c92e5425c02359d6f
舞台や公園などのデザインもされていて、それらもとても不思議な形ではありましたが…そこには「人間そのものへの追及」というものが感じられました。

数年前に社員旅行で行った札幌のモエレ沼公園の模型も、もちろんありました!
その時は「なんだこれ?オシャレすぎてよくわからん…」と思っていましたが、この展覧会を通して何となく理解できそうな気がしてきました。
(公園写真は社員カメラマン撮影引用)
51ebc8775990f67aaea63a6bbac379b0
b511ab955963f88eb4e6fd3df9440c31
c39f9e40612be6f23c4fcfef3c3d4912
美術館に行ったからと言って急に詳しくなる訳でもないのですが、それらを踏まえ、改めてこの照明のデザインをじっくり見てみると、この動きだしそうな形や細い足は彫刻家だからこそなのかな?と感じられました。
ba0d1606e95b5b7c07a6c3788301f960
f7463c01349235d424b55349066bbe37
d3bb911b8bb9dd8ece49ad0c29c41380
この照明のデザインは、単に「提灯からの着想」ではない事が改めて感じられる展覧会でした。
思い切って行ってみて良かったです。
北九州支店の見学会でも「あかり」シリーズはさりげなく置いてある事があります。
使われている事があったらもっとじっくり見てみようと思います。

おわりに…
建築が好きな方へのサービスショットも撮ってきましたよ!
大分県立美術館の設計は、建築家の坂 茂(ばん・しげる)さん♪

天井をめっちゃ眺めている人、写真撮りまくっているひと、沢山でした!
私も真似して撮影してみました!
とてもきれいでした!
まだ見られたことのない方、ぜひ訪れてみて下さい。
13f3695e21a48019b78548d938760f76
6baf75fb71a887400a81a6759ff42e28
あと、個人的には衝撃的だったので…トイレもオマケで…。
69209e87cdd361134fa8c4cb86aa18dc
フリーの展示スペース。こんなところにトイレが…?
a9c38b4643de07e01cceb18a38dc0ae4
どんな感じかな?
06bc9b6d60eb6b99172ef6814b5c1197
当然のようにさっそく便器が。なかなか衝撃的でした。
□北九州支店 小林祐子
2018年1月19日|カテゴリー「□周南支店
新展示場オープンからもう少しで一年になります。
バタバタとワクワクで迎えたオープンイベントもたくさんの来場があり、忙しくも嬉しい気持ちでいっぱいです。
1fa0c558e68a23267e2593aa4db85724
1177e1bdf5049a31bf7dd2d831cc1c86
4月には桜も咲いて・・・・❀
借景を愉しんで頂けたのでは?(^^♪
81572e019925d908aec684ebf86f58f1
6月から始めたカルチャースクールも月に2講座で始まったのですが、現在4~5講座に増え、たくさんの方にご利用いただいています。
ee9282ac92c1066c232d26f889b37622
今現在の展示場は緑の葉はなくなりましたが苔は根をしっかりと張り、春の訪れに備えて力を蓄えている感じです。
218c668c3d8d6e73a075583aca9d53a5
0ce979cc1ef51abadd2a254adc68e451
21d82385a272adebbd12c4efbc2e413d
527cbd9f323f3f191ca50163affafdb6
室内はOMソーラーのおかげもあってポカポカと快適にお客様の来場を待っています。
是非ご来場ください。
2月3日(土)には展示場の夜間体感会なんてイベントもしますので参加頂けたらと思います。
○周南支店 太田京子
2018年1月18日|カテゴリー「□山口支店
新年あけましておめでとうございます。
皆様、お正月はいかがお過ごしでしたか?
我が家は2日に三社参りに出掛けました。

1社目は氏神様である南方八幡宮
72ff9c9edf1cd81ea3ca32b64585b920
長い参道
0fbbe183aeab96fa36da36f1916e9515
からの拝殿
09253296a3c92dc09eae2d31bb945d7a
神社では珍しく境内に鐘楼。
亀の背中には由緒書きがありました。
5dfe69f5f81bf52173527ba9fd7fd8b3
創建は奈良時代中期と古く、大内氏により賀保庄を南北に分けられ、北方八幡宮と南方八幡宮として分祀されました。

2社目は生まれ育った地域の氏神様である北方八幡宮
fa47b98fd5e231bcf0407568f1a5212f
拝殿
7109b19014416fdc3f1d5b48b4a89887
一の鳥居と二の鳥居の間にJR山陽本線が横切っています。(写真なしです・・・)
駐車場は、踏切の手前と神社側の2カ所にありますので、踏切を渡られる際にはお気をつけ下さいね。
楼門前の狛犬はお尻を高く上げています。
2e909b3d42f043e3c1f11a61a45b0a47
金刀比羅神社・松尾神社・若宮八幡宮・焼火神社・赤崎神社・護国神社等、社があります。
b4fa0221a39548478eeff5e4a46d8449
宮司さんによると、ここに来れば大抵の事は全部済ませますよ。と仰っていました。
お正月には生け花も展示されており、甘酒も振舞われます。
c8eab697a3738ccb2aa4e9fb1702da33
3社目は国指定重要文化財でもある正八幡宮
c07cd303115585dec0035a181587bc2a
山口県独特の楼拝殿造りで建てられており、江戸時代中期を代表する立派な社殿です。
f8383802055e49c9ffab244b00ab6ade
各所でおみくじを引きましたが三社三様でした(^^;
三度目の正直という事で、最後に「大吉」を引き気分よく家路に着きました♪
お正月だけでなく、ふらっと立ち寄ってみたくなるのはお年頃のせいでしょうか(^^)

●山口支店 久冨恭子