支店ダイアリー

3年ぶりに下関支店に戻ってきました遠藤です。
今年から下関支店工事担当として住宅現場の管理をしますので、宜しくお願い致します。
 
今回は自分の趣味について書いてみたいと思います。
 
もともと手先が器用な方で父が大工という事もあり、小さいころから、のこぎりで木を切ってみたり、金槌で釘を打ったりと手作業をするのが好きでした。
この仕事を選んだのもそんな環境のお陰かもしれません。
 
現場管理の仕事に就いて、現場作業をされる職人さんを見ていると自分でもなにか作りたい!!と思うようになり、ちょくちょく暇を見ては家具を作るようになりました。
本職の方に見られると恥ずかしいですが、日曜大工からは卒業していると思っています。

2017011911090130163.jpg 2017011911091430163.jpg
私の作ったソファテーブル
 
家具を作る時、図面は書かず行き当たりばったりで形を見ながら材料の厚さ幅などを決めて、どういう風に加工をすればスムーズに作業が進むか、綺麗に仕上げられるか、そんな事を考えながら作業をするのがとても楽しくて、時間を忘れ作業に没頭してしまいます。
完成した家具を職人さんのものと見比べてみると、いかにその技術が習熟されたもので、真似のできない技術なのかと痛感します。
 
現場管理をする上で安全管理はとても重要なものですが、実際に手を動かして作業をしてみると、どんな作業が危ないのかとても分かるようになりました。
 
本を読んで勉強するというのも大事ですが、実際に体験するという事はとても重要な事で、作業を理解して管理ができる技術者を目指して日々精進したいと思います。

●下関支店 遠藤慶吏

資料請求
資料請求

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。