支店ダイアリー

安成工務店では、毎月1回、各支店の建築中の現場を巡回する安全パトロールが行われています。
安全パトロールでは、各現場の足場や内部など転落するような危ない場所はないか、転落防止措置は適切になされているかなどの安全面のチェックと、現場がきれいにしてあるかのチェックを行っています。

私も、2月に当番で山口、宇部方面の現場を巡回してきました。
現場に行く際にまずはじめに目がいくものは足場のメッシュシートです。

2017031411302423833.jpg

このブルーのシートは遠くからでも目立ちます。
そんなメッシュシートが弛んで張られていたり、外れかかったりしていたら、見た目の印象がよくありません。
安成の顔ともなる現場の足場のメッシュシートは綺麗に弛みなく張ることが第一です。

建物の内部を見させていただきましたが、床は木くずなどもほとんどないぐらい綺麗に清掃されており、道具や材料等も一箇所にまとめて綺麗に整頓されていました。

2017031411305115985.jpg2017031411310413645.jpg2017031411311623833.jpg

2017031411320013667.jpg2017031411321115985.jpg

中には北九州支店でも参考にしたいようないい例もたくさん見ることができ、自分自身もとても勉強になりました。
お施主様が現場に足を運んでくださった際に、作業中とはいえ道具や材料が散乱し、足の踏み場のないような現場だと、よい気持ちはしないと思います。
お施主様がいつ現場にいらっしゃっても建物の内外部とも綺麗な状態を保てるように、職人さんにも今以上の整理整頓の意識付けをさせていけるように、現場で指示していきたいと思います。

□北九州支店 赤澤晃

資料請求
資料請求

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。